ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink 環境のカスタマイズ

メニューやダイアログ ボックスの項目の追加または削除、表示と自動保存の設定の変更

関数

slblocksearchdb.untrainmodel提案エンジンからモデルの効果を削除
slblocksearchdb.trainfrommodel1 つのモデルに基づいてクイック挿入の結果を向上させるよう提案エンジンを学習させる
slblocksearchdb.trainfrommodelsindirフォルダー内のモデルに基づいてクイック挿入の結果を向上させるよう提案エンジンを学習させる
slblocksearchdb.untrainmodelsindir提案エンジンからモデルの効果を削除
slblocksearchdb.untrainall提案エンジンから追加されたすべてのモデルの効果を削除

クラス

LibraryBrowser.LibraryBrowser2Simulink ライブラリ ブラウザー

トピック

モデル エディターのメニュー項目の無効化および非表示

Simulink® メニューの項目を無効にします。

モデル エディターのメニューへの項目の追加

Simulink メニューおよび Stateflow® メニューに独自のコマンドを追加します。

ダイアログ ボックスのコントロールの無効化および非表示

Simulink ダイアログ ボックスのボタン、テキスト フィールド、およびその他のコントロールを無効または非表示にします。

ライブラリ ブラウザーの表示のカスタマイズ

これらの手法を使用してライブラリの並べ替え、無効化、または非表示を行います。また、ライブラリが既定の設定でライブラリ ブラウザーに展開されるか折りたたまれて表示されるかを指定することもできます。

Simulink 設定の指定

Simulink 編集環境オプションおよび既定の動作を指定するために、Simulink 設定を使用できます。

クイック ブロック挿入の結果の改善

モデルの設計に基づいてブロック挿入のメニューに表示される内容を判別するデータベースを更新する。

カスタマイズの登録

Simulink を使用してユーザー インターフェイスのカスタマイズを登録します。