最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Chirp Signal

周波数が増加する正弦波の生成

  • ライブラリ:
  • Simulink / Sources

説明

Chirp Signal ブロックは、周波数が時間に比例して線形的に増加する正弦波を生成します。このブロックは、非線形システムのスペクトル解析に使用できます。このブロックはスカラーまたはベクトルの出力を生成します。

[初期周波数][ターゲット時間]、および [ターゲット時間の周波数] パラメーターによって、ブロックの出力が決まります。これらの変数の一部またはすべてをスカラーまたは配列として指定できます。配列として指定するパラメーターは、すべてが同じ次元でなければなりません。ブロックは、配列パラメーターと同じ次元になるようにスカラー パラメーターを拡張します。ブロックの出力は、ベクトル パラメーターを 1 次元として解釈 チェック ボックスをオンにしない限り、パラメーターと同じ次元をもちます。このチェック ボックスをオンにし、パラメーターが行ベクトルまたは列ベクトルの場合、ブロックはベクトル (1 次元 配列) 信号を出力します。

制限

  • シミュレーションの開始時間は 0 でなければなりません。これを確認するには、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの ソルバー ペインに移動し、[開始時間] フィールドを参照します。

  • Enabled Subsystem 内にある Chirp Signal ブロックを使用するとします。サブシステムがイネーブルのとき、ブロックの出力は、サブシステムがシミュレーションの間中イネーブルだった場合に表示される内容と一致します。

端子

出力

すべて展開する

周波数が時間に比例して線形的に増加する正弦波。チャープ信号は、スカラー、ベクトル、行列、または N 次元配列にすることができます。

データ型: double

パラメーター

すべて展開する

信号の初期周波数。スカラー、ベクトル、行列または N 次元配列として指定します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: f1
型: 文字ベクトル
値: スカラー | ベクトル | 行列 | N 次元配列
既定の設定: '0.1'

周波数が [ターゲット時間の周波数] パラメーター値に達する時間 (秒単位)。[ターゲット時間] をスカラー、ベクトル、行列または N 次元配列として指定します。ターゲット時間に到達すると、周波数は継続的に同じ割合で変化します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: T
型: 文字ベクトル
値: スカラー | ベクトル | 行列 | N 次元配列
既定の設定: '100'

ターゲット時間の信号の周波数 (Hz)。スカラー、ベクトル、行列または N 次元配列として指定します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: f2
型: 文字ベクトル
値: スカラー | ベクトル | 行列 | N 次元配列
既定の設定: '1'

このチェック ボックスをオンにする場合、[初期周波数][ターゲット時間]、および [ターゲット時間の周波数] パラメーターに指定した列または行の行列値が、行要素または列要素をもつベクトル出力となります。詳細については、ソース ブロックの出力の次元の決定を参照してください。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: VectorParams1D
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

ブロックの特性

データ型

double

直接フィードスルー

いいえ

多次元信号

いいえ

可変サイズの信号

いいえ

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

参考

トピック

R2006a より前に導入