ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Random Number

正規分布された乱数の生成

  • ライブラリ:
  • Simulink / Sources

説明

Random Number ブロックは、正規分布した乱数を生成します。一様に分布した乱数を生成するには、Uniform Random Number ブロックを使用してください。

シーケンスは繰り返し可能で、同じシードとパラメーターを有する任意の Random Number ブロックを使って生成できます。シミュレーションが開始されるとその都度、指定した値にシードがリセットされます。既定の設定では、ブロックは平均 0、分散 1 のシーケンスを生成します。同じ平均と分散を有する乱数ベクトルを生成するには、[シード] パラメーターをベクトルとして指定します。

ソルバーは、比較的に滑らかな信号を積分しなければならないので、乱数信号を積分することは避けてください。代わりに、Band-Limited White Noise ブロックを使用してください。

スカラー拡張後、このブロックの数値パラメーターは同じ次元のパラメーターでなければなりません。[ベクトル パラメーターを 1 次元として解釈] チェック ボックスをオンにし、数値パラメーターがスカラー拡張後に行ベクトルまたは列ベクトルの場合、このブロックは 1 次元信号を出力します。ベクトル パラメーターを 1 次元として解釈 チェック ボックスをオフにすると、ブロックはパラメーターと同じ次元数の信号を出力します。

端子

出力

すべて展開する

正規ガウス分布内に収まる生成された乱数である出力信号。出力は与えられたシードに対して繰り返し可能です。

データ型: double

パラメーター

すべて展開する

生成された乱数の平均値を指定します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: Mean
: 文字ベクトル
: スカラー
既定の設定: '0'

乱数の分散を指定します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: Variance
: 文字ベクトル
: スカラー
既定の設定: '1'

乱数発生器のシードを指定します。

生成された数の出力は指定されたシードに対して繰り返し可能です。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: Seed
: 文字ベクトル
: スカラー
既定の設定: '0'

サンプルの時間間隔を指定します。既定の設定は 0.1 で、Band-Limited White Noise ブロックの既定のサンプル時間に一致します。詳細については、Simulink® ドキュメンテーションのサンプル時間の指定を参照してください。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: SampleTime
: 文字ベクトル
: スカラー
既定の設定: '0.1'

[定数値] パラメーターが N 要素の行または列ベクトルの場合、長さ N のベクトルを出力するにはこのチェック ボックスをオンにします。

  • このチェック ボックスをオンにすると、[定数値] パラメーターが N 要素の行または列ベクトルの場合に、ブロックは長さ N のベクトルを出力します。たとえば、ブロックは次元が 1 行 N 列または N 行 1 列の行列を出力します。

  • このチェック ボックスをオフにすると、[定数値] パラメーターが N 要素の行または列ベクトルの場合に、ブロックは長さ N のベクトルを出力しません。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: VectorParams1D
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

ブロックの特性

データ型

double

直接フィードスルー

いいえ

多次元信号

はい

可変サイズの信号

いいえ

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2006a より前に導入