Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Tapped Delay

スカラー信号の複数のサンプリング周期を遅らせ、遅らせたすべての信号を出力

  • ライブラリ:
  • Simulink / Discrete

    HDL Coder / Discrete

  • Tapped Delay block

説明

Tapped Delay ブロックは、指定されたサンプル周期数だけ入力を遅らせ、各遅延の出力信号を提供します。たとえば、[遅延数]4 を指定し、[次で始まる出力ベクトルを並べる:][最も古い] の場合、ブロックは、4 つの出力 (最初が 4 つのサンプル周期で遅れた、2 番目が 3 つのサンプル周期で遅れる、と続きます) を提供します。このブロックは、信号を時間で離散化したり、異なる比率で信号を再サンプリングしたりするために使用します。

ブロックは、1 つのスカラー入力を受け入れ、各インクリメンタル遅延のデータを含む 1 つの出力ベクトルを生成します。出力ベクトルでの遅延信号の順序を [次で始まる出力ベクトルを並べる] パラメーターで指定します。

  • [最古] では、出力ベクトルが最も古い遅延バージョンで始まり、最も新しい遅延バージョンで終了するように指定されます。

  • [最新] では、出力ベクトルが最も新しい遅延バージョンで始まり、最も古い遅延バージョンで終了するように指定されます。

最初のサンプリング期間の出力ベクトルは、[初期条件] パラメーターを使って指定します。十分注意してこのパラメーターを選択すると、不要な出力の動作を軽減することができます。

サンプル間の時間は、サンプル時間 パラメーターを使って指定します。遅延の数は、[遅延数] パラメーターを使って指定します。値 -1 は、ブロックが逆伝播により遅延の数を継承することを指定します。個々の遅延は Unit Delay ブロックによって表現される z-1 離散時間演算子に等価です。

端子

入力

すべて展開する

遅延する入力信号。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | Boolean | fixed point
複素数のサポート: あり

出力

すべて展開する

遅延入力信号のすべてのバージョン。出力ベクトルでの遅延信号の順序を指定するには、[次で始まる出力ベクトルを並べる] パラメーターを使用します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | Boolean | fixed point

パラメーター

すべて展開する

シミュレーションの初期出力を指定します。[初期条件] パラメーターは、最近傍の丸めおよび飽和を使用して、double から入力データ型にオフラインで変換されます。

制限

このブロックの初期条件に inf または NaN を使用することはできません。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: vinit
型: 文字ベクトル
値: スカラー
既定の設定: '0.0'

サンプルの時間間隔を指定します。サンプル時間を継承するには、このパラメーターを -1 に設定します。詳細については、サンプル時間の指定を参照してください。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: samptime
型: 文字ベクトル
値: スカラー | ベクトル
既定の設定: '-1'

離散時間演算子の数を、正のスカラーまたは -1 (継承) として指定します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: NumDelays
型: 文字ベクトル
値: 正のスカラー | -1 (継承)
既定の設定: '4'

最も古い遅延バージョンが最初に出力されるか、最新の遅延バージョンが最初に出力されるかを指定します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: DelayOrder
型: 文字ベクトル
値: 'Oldest' | 'Newest'
既定の設定: 'Oldest'

このチェック ボックスをオンにして、出力ベクトルに現在の入力を含めます。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: includeCurrent
型: 文字ベクトル
値: 'off' | 'on'
既定の設定: 'off'

ブロックの特性

データ型

Boolean | double | fixed point | integer | single

直接フィードスルー

いいえ

多次元信号

いいえ

可変サイズの信号

いいえ

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

PLC コード生成
Simulink® PLC Coder™ を使用して構造化テキスト コードを生成します。

固定小数点の変換
Fixed-Point Designer™ を使用して固定小数点システムの設計とシミュレーションを行います。

R2006a より前に導入