ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Sine, Cosine

4 分の 1 波長対称を利用するルックアップ テーブル法を使用して固定小数点の正弦波または余弦波を実現

  • ライブラリ:
  • Simulink / Lookup Tables

説明

Sine ブロックまたは Cosine ブロックは、4 分の 1 波長対称を使用するルックアップ テーブル法を使用して固定小数点で正弦波または余弦波を実現します。ブロックは、[出力式] パラメーターの選択に応じて、入力信号の次の関数を出力することができます。

  • sin(2πu)

  • cos(2πu)

  • exp(j2πu)

  • sin(2πu) and cos(2πu)

[ルックアップ テーブルのデータ点の数] パラメーターで、ルックアップ テーブルのデータ点の数を定義できます。ルックアップ テーブルに対するデータ点を (2^n)+1 (n は整数) に指定すると、ブロックの実現は最も効率的になります。

[出力語長] パラメーターを使用して、固定小数点出力データ型の語長を指定します。出力の小数部長は、出力の語長から 2 を差し引いた値です。

ヒント

Fixed-Point Designer™ ライセンスなしでこのブロックを含むモデルのシミュレーションを実行するには、データ型オーバーライドを使用しなければなりません。詳細については、固定小数点モデルの共有を参照してください。

端子

入力

すべて展開する

入力信号 u。実数値スカラー、ベクトル、行列、または配列として指定します。

ヒント

意味のあるブロック出力を得るには、ブロック入力値の範囲は [0, 1) となっていなければなりません。この範囲外の入力値は符号なしデータ型にキャストされ、オーバーフローはラップされます。こうした範囲外の入力で得られるブロック出力は、意味をなさない場合もあります。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | Boolean | fixed point

出力

すべて展開する

固定小数点正弦波。ルックアップ テーブル法を使用して実装されます。

依存関係

この端子は、[出力式][sin(2*pi*u)] または [sin(2*pi*u) and cos(2*pi*u)] に設定されている場合に有効になります。

データ型: fixed point

固定小数点余弦波。ルックアップ テーブル法を使用して実装されます。

依存関係

この端子は、[出力式][cos(2*pi*u)] または [sin(2*pi*u) and cos(2*pi*u)] に設定されている場合に有効になります。

データ型: fixed point

exp(j*2*pi*u)。ルックアップ テーブル アプローチを使用して実装されます。

依存関係

この端子は、[出力式][exp(j*2*pi*u)] に設定されている場合に有効になります。

データ型: fixed point

パラメーター

すべて展開する

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: Formula
値: 'sin(2*pi*u)' | 'cos(2*pi*u)' | 'exp(j*2*pi*u)' | 'sin(2*pi*u) and cos(2*pi*u)'

ルックアップ テーブルに対するデータ点を (2^n)+1 (n は整数) に指定すると、ブロックの実装は最も効率的になります。[出力語長] パラメーターと互換性をもつようにするには、[ルックアップ テーブルのデータ点の数](2^(Output word length-2)+1) 以下の値にしなければなりません。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: NumDataPoints
タイプ: スカラー
値: integer >= 2
既定の設定: '(2^5)+1'

出力の小数部長は、出力の語長から 2 を差し引いた値です。[ルックアップ テーブルのデータ点の数] パラメーターと互換性をもつようにするには、(2^(Output word length - 2) +1)[ルックアップ テーブルのデータ点の数] 以上でなければなりません。

メモ

ブロックは、倍精度浮動小数点値を使用してルックアップ テーブルを作成します。したがって、出力で達成できる最大精度は 53 ビットです。語長を 53 よりも大きい値に設定しても出力の精度は上がりません。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: OutputWordLength
タイプ: スカラー
値: integer from 2 to 53
既定の設定: '16'

より速く計算するには [速度] を選択します。この場合、通常で最大 2 ビットの精度が失われる場合があります。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: InternalRulePriority
値: 'Speed' | 'Precision'
既定の設定: 'Speed'

ブロックの特性

データ型

Boolean | double | fixed point | integer | single

直接フィードスルー

いいえ

多次元信号

いいえ

可変サイズの信号

いいえ

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

固定小数点の変換
Fixed-Point Designer™ を使用して固定小数点システムの設計とシミュレーションを行います。

R2006a より前に導入