Main Content

非線形性

ルックアップ テーブルによる非線形性のモデル化、入力値を出力値にマッピングして数学関数を近似

非線形性のモデル化をはじめて使用する場合は、まずルックアップ テーブル ブロックを使用してみてください。ルックアップ テーブル ブロックは入力値を出力値にマップするデータ配列を使用して、数学関数を近似します。N 個の変数をもつ関数を近似するには、n-D Lookup Table ブロックを使用します。

ブロック

1-D Lookup Table1 次元関数を近似
2-D Lookup Table2 次元関数を近似
Direct Lookup Table (n-D)要素、ベクトル、または 2 次元行列を検索するための N 次元テーブルのインデックス付け
Interpolation Using Prelookupあらかじめ計算されたインデックスと小数部の値を使用して、n 次元関数の近似を加速する
Lookup Table Dynamic動的テーブルを使用した 1 次元関数の近似
n-D Lookup TableN 次元関数を近似
PrelookupInterpolation Using Prelookup ブロックのためのインデックスと分割を計算
Sine, Cosine4 分の 1 波長対称を利用するルックアップ テーブル法を使用して固定小数点の正弦波または余弦波を実現

クラス

Simulink.LookupTableルックアップ テーブルおよびブレークポイント データを格納および共有し、ASAP2 および AUTOSAR コードの生成用にデータを構成
Simulink.Breakpointブレークポイント セットのデータの格納と共有、ASAP2 および AUTOSAR コード生成用のデータの構成
Simulink.lookuptable.Evenspacingルックアップ テーブル オブジェクトの等間隔のセット データの設定
Simulink.lookuptable.Tableルックアップ テーブル オブジェクトのテーブル データを構成する
Simulink.lookuptable.Breakpointルックアップ テーブル オブジェクトのブレークポイント セット データを構成する
Simulink.lookuptable.StructTypeInfoルックアップ テーブル オブジェクトが生成されたコード内で使用する構造体型の設定を構成する

関数

lookupTableEditorStart Lookup Table Editor

トピック

ルックアップ テーブルについて

ルックアップ テーブルの操作

前のリリースからのルックアップ テーブルの更新