ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.Breakpoint クラス

パッケージ: Simulink
スーパークラス:

ブレークポイント セットのデータの格納と共有、ASAP2 および AUTOSAR コード生成用のデータの構成

説明

Simulink.Breakpoint クラスのオブジェクトは、ルックアップ テーブル用のブレークポイント セットのデータを格納します。このデータは、1 つ以上の Prelookup ブロックで使用できます。このオブジェクトにより、ブレークポイント セットのデータ型とコード生成設定を指定し、複数のルックアップ テーブル間でセットを共有できます。Simulink.Breakpoint オブジェクトと Simulink.LookupTable オブジェクトを使用して、キャリブレーション用の COM_AXIS コード生成を構成します。

Simulink.Breakpoint オブジェクトについて生成されたコードは、配列または 2 つのフィールドをもつ構造体です。オブジェクトが構造体として表示されるよう構成した場合、1 つのフィールドは指定されたブレークポイント セットのデータを、1 つのスカラー フィールドはブレークポイント セット データ内の要素数を格納します。構造体の型名、フィールド名、その他の特性は、オブジェクトのプロパティを使用して構成できます。

たとえば STD_AXIS コードの生成など、ルックアップ テーブルとブレークポイント セットのデータを、生成コード上の単一の構造体にパッケージ化するには、Simulink.LookupTable オブジェクトを使用してすべてのデータを格納します。ルックアップ テーブルの共有ブレークポイントとテーブル データのパッケージ化を参照してください。

作成

BpSet = Simulink.Breakpoint は、既定のプロパティの値をもつ、BpSet という名前の Simulink.Breakpoint オブジェクトを返します。

モデル エクスプローラーを使用して Simulink.Breakpoint オブジェクトを作成するには、ツール バーのボタン を使用します。オブジェクトの既定の名前は Object です。

プロパティ ダイアログ ボックス

ブレークポイント

ブレークポイント セットの情報。以下の特性を構成できます。

調整可能なサイズをサポートする

生成コード内のテーブルの有効サイズの調整を可能にする指定。このオプションをオンにすると、生成コード内に Simulink.Breakpoint オブジェクトが構造体変数として出現します。この構造体には、ブレークポイント ベクトル データを格納する 1 つのフィールドと、ブレークポイント ベクトル内の要素数を格納する 1 つのフィールドがあります。2 番目のフィールドの値を変更し、テーブルの有効サイズを調整できます。

このオプションをオフにすると、Simulink.Breakpoint オブジェクトが、構造体ではなく独立した配列変数として、生成済みのコード内に出現します。

ブレークポイント セットのデータ。最低 2 つの要素をもつベクトルを指定します。

また、sin(1:0.5:30) のように算術演算子を含む式も、その式が数値ベクトルを返す限り使用できます。[適用] または [OK] をクリックすると、オブジェクトは式を実行し、その結果を使用してこのプロパティの値を設定します。

[データ型]auto に設定した場合、[値] を設定するためには single([1 2 3]) などの型付き式を使用するか、fi コンストラクターを使用して fi オブジェクトを組み込みます。

このデータは、より直感的なインターフェイスを使用して、ルックアップ テーブル ブロック内で編集できます。MATLAB からのルックアップ テーブル データのインポートを参照してください。

データ型

ブレークポイント セットのデータ型。既定の設定は auto で、ブレークポイント セットが [値] に指定した値からデータ型を取得することを意味します。[1 2 3] など型なし式を使用して [値] を設定する場合、ブレークポイント データはデータ型 double を使用します。single([1 2 3]) など型付き式や fi オブジェクトを指定する場合、ブレークポイント データはその表現またはオブジェクトによって指定されたデータ型を使用します。列挙データ型もサポートされます。

整数データ型、浮動小数点データ型、固定小数点データ型、またはデータ型の表現 (Simulink.AliasType オブジェクトの名前など) を明示的に指定できます。

Simulink® のデータ型の詳細については、Simulink でサポートされているデータ型を参照してください。Simulink.LookupTable オブジェクトおよび Simulink.Breakpoint オブジェクトのテーブルとブレークポイント データのデータ型を制御する方法を決定するには、ルックアップ テーブル オブジェクトのデータ型の制御 (Simulink Coder)を参照してください。

次元

ブレークポイント セットの次元の長さ。

シンボリック次元を使用するには、文字ベクトルを指定します。Implement Dimension Variants for Array Sizes in Generated Code (Embedded Coder)を参照してください。

最小値

ブレークポイント セットの要素の最小値。既定値は空の [] です。数値の実数値を指定できます。

Simulink がこのプロパティを使用する方法の詳細については、ブロック パラメーターの最小値と最大値の指定を参照してください。

最大値

ブレークポイント セットの要素の最大値。既定値は空の [] です。数値の実数値を指定できます。

Simulink がこのプロパティを使用する方法の詳細については、ブロック パラメーターの最小値と最大値の指定を参照してください。

単位

ブレークポイント セットの要素の物理単位。degC などのテキストを指定できます。Simulink モデルでの単位の指定を参照してください。

フィールド名

生成コード内の構造体フィールドの名前。このフィールドには、ブレークポイント セットのデータが保存されます。既定値は BP です。フィールド名を変更するには、テキストを指定します。

この列は、[調整可能なサイズをサポートする] を選択したときのみ表示されます。

調整可能なサイズの名前

生成コード内の構造体フィールドの名前。このスカラー フィールドはブレークポイント セットの長さ (要素数) を格納し、生成コードのアルゴリズムはこの値を使用してテーブル サイズを決定します。コードの実行中にテーブルの有効なサイズを調整するには、メモリ内でこの構造体フィールドの値を変更します。既定の名前は N です。フィールド名を変更するには、テキストを指定します。

この列は、[調整可能なサイズをサポートする] を選択したときのみ表示されます。

説明

ブレークポイント セットの説明。This breakpoint set represents the pressure input などのテキストを指定できます。

データ定義: ストレージ クラス

生成コード内の構造体変数 ([調整可能なサイズをサポートする] を選択した場合) または配列変数のストレージ クラス。この変数はブレークポイント セットのデータを格納します。既定の設定は、[自動] です。

ストレージ クラスの詳細については、個別の信号、状態、およびパラメーター データ要素へのストレージ クラスの適用 (Simulink Coder)を参照してください。

Embedded Coder® がある場合、カスタム ストレージ クラスを選択できます。カスタム ストレージ クラスの詳細については、Apply Built-In and Customized Storage Classes to Data Elements (Embedded Coder)を参照してください。

データ定義: エイリアス

生成コードの変数の代替名。既定値が空の場合、生成コードは Simulink.Breakpoint オブジェクト名を変数名として使用します。エイリアスを設定するには、テキストを指定します。

このプロパティを有効にするには、[データ定義: ストレージ クラス][Auto] 以外に設定します。

データ定義: 配置

生成コードのデータ配置境界。構造体または配列変数に割り当てられるデータの開始メモリ アドレスは、指定した値の倍数になります。既定値は -1 です。これは使用に基づいてコード ジェネレーターが最適な配置を決定することを指定します。

128 を超えない 2 のべき乗である正の整数を指定します。コード置換のデータ配置を使用する方法の詳細については、Data Alignment for Code Replacement (Embedded Coder)を参照してください。

構造体の型定義: 名前

生成コードの構造体変数が使用する構造体の型の名前。既定値は空です。テキストを指定します。

このプロパティは、[調整可能なサイズをサポートする] を選択した場合のみ表示されます。

構造体の型定義: データ スコープ

構造体の型定義のスコープ (手書きのコードからインポートされるか、生成コードからエクスポートされるか)。既定値は [Auto] です。[Auto] を選択した場合、次のように処理されます。

  • [構造体の型定義: ヘッダー ファイル] ボックスで値を指定していない場合、生成コードは構造体の型定義をファイル model_types.h にエクスポートします。model はモデル名です。

  • [構造体の型定義: ヘッダー ファイル] ボックスで myHdr.h などの値を指定している場合、生成コードは myHdr.h から構造体の型定義をインポートします。

データ スコープを明示的に指定するには、次のようにします。

  • カスタム コードから生成コードに構造体の型定義をインポートするには、[Imported] を選択します。

  • 生成コードから構造体の型定義をエクスポートするには、[Exported] を選択します。

[構造体の型定義: ヘッダー ファイル] ボックスに値を指定しない場合、生成コードと StructName.h との間で型定義がインポートまたはエクスポートされます。StructName は、プロパティ [構造体の型定義: 名前] で指定する名前です。

このプロパティは、[調整可能なサイズをサポートする] を選択した場合のみ表示されます。

構造体の型定義: ヘッダー ファイル

構造体の型定義を含むヘッダー ファイルの名前。作成したヘッダー ファイルから定義をインポートするか、生成されたヘッダー ファイルに定義をエクスポートすることができます。構造体の型のスコープを制御するには、[構造体の型定義: データ スコープ] プロパティの設定を調整します。

このプロパティは、[調整可能なサイズをサポートする] を選択した場合のみ表示されます。

プロパティ

すべて展開する

ブレークポイント セットのデータ。Simulink.lookuptable.Breakpoint オブジェクトとして指定します。この組み込みオブジェクトを使用して、ブレークポイント セットのデータの構造体フィールド名および特性 (ブレークポイントの値、データ型および次元など) を構成します。

ブレークポイント セットのデータを格納する構造体変数 (SupportTunableSizetrue に設定している場合) または配列変数 (false に設定している場合) のコード生成設定で、Simulink.CoderInfo オブジェクトとして指定されます。この組み込みオブジェクトを使用して、ストレージ クラスまたはカスタム ストレージ クラスを指定できます。詳細については、Simulink.CoderInfo を参照してください。

生成コード内で構造体変数が使用する構造体の型の設定。Simulink.lookuptable.StructTypeInfo オブジェクトとして指定します。

SupportTunableSizefalse に設定すると、Simulink.Breakpoint オブジェクトは生成コードに構造体として出現しません。コード ジェネレーターはこのプロパティを無視します。

テーブルの有効サイズの調整可能性を有効にするコードを生成するオプションで、true または false が指定されます。[調整可能なサイズをサポートする] パラメーターを参照してください。

データ型: logical

コピーのセマンティクス

ハンドル。ハンドル クラスがコピー操作にどのように影響するかについては、オブジェクトのコピー (MATLAB)を参照してください。

1 次元ルックアップ テーブル間のブレークポイント データの共有

  1. myBpSet という名前の Simulink.Breakpoint オブジェクトを作成します。

    myBpSet = Simulink.Breakpoint

  2. ブレークポイント データを指定します。

    myBpSet.Breakpoints.Value = [-2 -1 0 1 2];

  3. FirstLUTObj という名前の Simulink.LookupTable オブジェクトを作成します。

    FirstLUTObj = Simulink.LookupTable;

  4. テーブル データを指定します。

    FirstLUTObj.Table.Value = [1.1 2.2 3.3 4.4 5.5];

  5. ブレークポイント セット オブジェクトを参照するルックアップ テーブルを構成します。

    FirstLUTObj.Breakpoints = {'myBpSet'};

  6. テーブル データの別のセットを格納するには、別の Simulink.LookupTable オブジェクトを作成します。ルックアップ テーブル オブジェクトを、同じブレークポイント セット オブジェクトを参照するように構成します。

    SecondLUTObj = Simulink.LookupTable;
    SecondLUTObj.Table.Value = [1.2 2.3 3.4 4.5 5.6];
    SecondLUTObj.Breakpoints = {'myBpSet'};

FirstLUTObj および SecondLUTObj を使用して、2 つの異なる Interpolation Using Prelookup ブロックのテーブル データを指定できます。myBpSet を使用して、Interpolation Using Prelookup ブロックへの入力を提供する 1 つまたは 2 つの Prelookup ブロックにブレークポイント セットのデータを指定します。

制限

  • Simulink.Breakpoint または Simulink.LookupTable をサブクラス化することはできません。このため、組み込み Simulink パッケージ以外のものに、カスタム ストレージ クラスを適用することはできません。

  • Simulink.Breakpoint オブジェクトを参照する Simulink.Breakpoint オブジェクトまたは Simulink.LookupTable オブジェクトを、再利用可能なコンポーネントのインスタンス固有のパラメーター データとして使用することはできません。たとえば、これらのオブジェクトの 1 つを次のように使用することはできません。

    • モデル ワークスペースのモデル引数または Model ブロックのモデル引数値。

    • CodeReuse Subsystem ブロックのマスク パラメーターの値。

    • カスタム ライブラリを作成することで再利用するサブシステムのマスク パラメーターの値。

    ただし、Simulink.Breakpoint オブジェクトを参照しないスタンドアロンの Simulink.LookupTable オブジェクトは、上記の方法でも使用できます。

  • FIX_AXIS スタイルに従ってコードを生成することはできません。

  • サブシステム内のブロックが Simulink.LookupTable オブジェクトまたは Simulink.Breakpoint オブジェクトを使用する場合、データ型オーバーライド (固定小数点の計測機能およびデータ型オーバーライドの制御を参照) をサブシステムのみに設定することはできません。代わりに、データ型オーバーライドをモデル全体に設定します。

R2016b で導入