Main Content

マルチコア プロセッサ ターゲット

マルチコア システムまたは FPGA システムへの展開用に設計されたシステムの同時実行のモデル化

マルチコア プログラミング、すなわち同時実行のモデル化は、マルチコア プロセッサおよびマルチプロセッサ システムで展開するための同時実行システムの作成に役立ちます。このようなシステムの例には、信号処理やプラント制御システムがあります。Simulink® の分割とマッピングの手法は、同時実行向けシステムの設計時に一般的な課題の解決に役立ちます。

次の図は、CPU および FPGA ベースのマルチプロセッサ システム上で実行するために設計された、関数を複数使用するサンプルのシステムを示します。システムは複数のコンポーネントに分割され、それらは CPU タスク スケジューラまたは FPGA にマッピングされます。

マルチコア プログラミングの基本についての詳細は、マルチコア プログラミングの概念を参照してください。同時実行向けのシステムを Simulink で設計する方法の詳細については、Simulink によるマルチコア プログラミングを参照してください。

関数

Simulink.architecture.config同時実行用の構成の作成と変換
Simulink.architecture.addモデルの選択したアーキテクチャへのタスクまたはトリガーの追加
Simulink.architecture.deleteモデルの選択したアーキテクチャからのトリガーまたはタスクの削除
Simulink.architecture.find_systemアーキテクチャ オブジェクトのオブジェクトの検索
Simulink.architecture.get_paramアーキテクチャ オブジェクトのコンフィギュレーション パラメーターの取得
Simulink.architecture.importAndSelectモデルの同時実行環境用のターゲット アーキテクチャのインポートと選択
Simulink.architecture.profile同時実行用に構成されたモデルのプロファイル レポートの生成
Simulink.architecture.register同時実行ターゲット アーキテクチャのセレクターへのカスタム ターゲット アーキテクチャの追加
Simulink.architecture.set_paramアーキテクチャ オブジェクトのプロパティの設定

クラス

Simulink.GlobalDataTransfer同時実行データ転送の設定

例および操作のヒント

概念