ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.architecture.importAndSelect

モデルの同時実行環境用のターゲット アーキテクチャのインポートと選択

説明

Simulink.architecture.importAndSelect(model,Architecture) は、モデルの同時実行環境用の組み込みのターゲット アーキテクチャをインポートして選択します。

ターゲット アーキテクチャをインポートして選択するには、関連するサポート パッケージまたはハードウェアがコンピューターにインストールされていなければなりません。

Simulink.architecture.importAndSelect(model,CustomArchitectureDescriptionFile) は、XML ベースのアーキテクチャ記述ファイルからアーキテクチャをインポートして選択します。

ターゲット アーキテクチャをインポートして選択するには、関連するサポート パッケージまたはハードウェアがコンピューターにインストールされていなければなりません。

すべて折りたたむ

モデル slexMulticoreExample にサンプル アーキテクチャをインポートして選択します。

slexMulticoreExample
Simulink.architecture.importAndSelect('slexMulticoreExample','Sample Architecture')

XML ファイル custom_arch.xml で定義したカスタム アーキテクチャをインポートして選択します。この例では、最初に custom_arch.xml ファイルを作成しておく必要があります。

slexMulticoreExample
Simulink.architecture.importAndSelect('slexMulticoreExample','custom_arch.xml')

入力引数

すべて折りたたむ

アーキテクチャをインポートするモデル。文字ベクトルとして指定します。

データ型: char

モデルの同時実行環境にインポートするターゲット アーキテクチャの名前。指定できるターゲットの名前は次のとおりです。

プロパティ説明

'Multicore'

複数のコアをもつ単一の CPU

'Sample Architecture'

複数のコアをもつ単一の CPU と 2 つの FPGA で構成されたサンプル アーキテクチャ。このアーキテクチャを使用して同時実行用のモデルを構成できます。

'Simulink Real-Time'

Simulink® Real-Time™ ターゲット

'Xilinx Zynq ZC702 evaluation kit'

Xilinx® Zynq® ZC702 評価キット ターゲット

'Xilinx Zynq ZC706 evaluation kit'

Xilinx Zynq ZC706 評価キット ターゲット

'Xilinx Zynq Zedboard'

Xilinx Zynq ZedBoard™ ターゲット

データ型: char

モデルの同時実行環境用のカスタム ターゲットを XML 形式で記述したカスタム ターゲット アーキテクチャ ファイルの名前。XML ファイルの名前を文字ベクトルとして指定します。

例: custom_arch.xml

R2014a で導入