ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.architecture.register

同時実行ターゲット アーキテクチャのセレクターへのカスタム ターゲット アーキテクチャの追加

説明

Simulink.architecture.register(CustomArchFile) は、同時実行ターゲット アーキテクチャのセレクターに XML 形式のカスタム ターゲット アーキテクチャ ファイル CustomArchFile を追加します。このセレクターにアクセスするには、[同時実行] ダイアログ ボックスの [同時実行] ペインにある [選択] ボタンをクリックします。

すべて折りたたむ

XML ファイル custom_arch.xml で定義したカスタム ターゲット アーキテクチャを同時実行ターゲット アーキテクチャのセレクターに追加します。この例では、事前に custom_arch.xml ファイルを作成しておく必要があります。

slexMulticoreExample
Simulink.architecture.register('custom_arch.xml')

入力引数

すべて折りたたむ

同時実行用のカスタム ターゲットを記述したカスタム ターゲット アーキテクチャ ファイル。XML ファイルを指定します。

R2014a で導入