ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.architecture.delete

モデルの選択したアーキテクチャからのトリガーまたはタスクの削除

説明

Simulink.architecture.delete(Object) は、指定したトリガーまたはタスクのオブジェクトを削除します。

すべて折りたたむ

slexMulticoreExample モデルの選択したアーキテクチャで MulticoreProcessor ソフトウェア ノードの Core2 周期的トリガーからタスク Task3 を削除します。

slexMulticoreExample
Simulink.architecture.delete('slexMulticoreExample/MulticoreProcessor/Core2/Task3')

入力引数

すべて折りたたむ

削除するオブジェクト。指定できるオブジェクトは次のとおりです。

  • 周期的トリガー

    メモ

    最後の周期的トリガーは削除できません。ソフトウェア ノードには周期的トリガーが少なくとも 1 つ含まれていなければなりません。

  • 非周期的トリガー

  • タスク

例: [bdroot '/MulticoreProcessor/Core2/Task3']

データ型: char

R2014a で導入