ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.architecture.get_param

アーキテクチャ オブジェクトのコンフィギュレーション パラメーターの取得

説明

ParamValue = Simulink.architecture.get_param(Object,ParamName) は、オブジェクト Object の指定したパラメーターの値を返します。ParamName は大文字と小文字が区別されます。

すべて折りたたむ

モデル slexMulticoreExample の選択したアーキテクチャで、ソフトウェア ノード MulticoreProcessor のトリガー Core2 のタスク Task3 の周期を取得します。

slexMulticoreExample;
p = Simulink.architecture.get_param('slexMulticoreExample/MulticoreProcessor/Core2/Task3','Period')
p =

0.2

入力引数

すべて折りたたむ

パラメーターの値を返すオブジェクト。オブジェクトの絶対パス名を文字ベクトルとして指定します。指定できるオブジェクトは次のとおりです。

  • ソフトウェア ノード

  • ハードウェア ノード

  • 周期的トリガー

  • 非周期的トリガー

  • タスク

Simulink.architecture.get_param が値を返すパラメーター名です。

ParamName に指定できる値は次のとおりです。

モデルの場合:

  • 'ArchitectureName'

  • 'Type'

ソフトウェア ノードの場合:

  • 'Name'

  • 'Type'

ハードウェア ノードの場合:

  • 'Name'

  • 'ClockFrequency'

  • 'Color'

  • 'Type'

周期的トリガーの場合:

  • 'Name'

  • 'Period'

  • 'Color'

  • 'Type'

非周期的トリガーの場合:

  • 'Name'

  • 'Color'

  • 'EventHandlerType'

  • 'SignalNumber'

  • 'EventName'

  • 'Type'

タスクの場合:

  • 'Name'

  • 'Period'

  • 'Color'

  • 'Type'

R2014a で導入