ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink でのマルチコア プログラミングの制限事項

同時実行用にモデルを分割する場合は、次の制限事項が適用されます。

  • 固定ステップ ソルバーを使用するようモデルを構成します。

  • 次のシミュレーション モードは同時実行環境のモデルに対して使用しないでください。

    • デスクトップ ターゲット用のエクスターナル モード

    • MAT ファイルへのログ記録 ([MAT ファイルのログ] チェック ボックスがオン)。ただし、To Workspace ブロックおよび To File ブロックは使用できます。

    • ラピッド アクセラレータ モードを使用してモデルをシミュレートする場合、関数呼び出しを出力するルート レベルの Inport ブロックを最上位モデルに含めることはできません。

    • [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスで、[診断][サンプル時間][マルチタスク条件付き実行サブシステム][診断][データ有効性][マルチタスク データ ストア] パラメーターを [エラー] に設定します。

    • また、モデルレベルのコントロールを使用してレート変換用のデータ転送を処理するか、Rate Transition ブロックを使用する場合は、以下のようにします。

      • [データ転送中の整合性を確保] チェック ボックスをオンにします。

      • [確定的にデータ転送を確保 (最大遅延)] チェック ボックスをオフにします。

  • 明示的な分割を使用する場合、モデルのルート レベルで、モデル全体は次によって構成されていなければなりません。

    • Model ブロックを使用して参照されるモデル

    • サブシステム ブロック

    • MATLAB® System ブロック

    • MATLAB Function ブロック

    • Stateflow® チャート

    • Rate Transition ブロック

    • バーチャル接続性ブロック

      以下は、有効なバーチャル接続性ブロックです。

      • Goto ブロックと From ブロック

      • Ground ブロックと Terminator ブロック

      • Inport ブロックと Outport ブロック

      • 使用可能なブロックを含んだバーチャル サブシステム ブロック

関連するトピック