ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

同時実行用のモデルの構成

Simulink® モデルを構成して同時実行を利用するには、次の手順に従います。

  1. モデルを開きます。

  2. [シミュレーション] メニューを開いて [モデル コンフィギュレーション パラメーター] を選択します。

  3. [コンフィギュレーション パラメーター][ソルバー][ソルバーの選択] で、[タイプ] には [固定ステップ] を選択し、[ソルバー] には [自動 (ソルバーの自動選択)] を選択します。

  4. [ソルバーの詳細][ソルバー] ペインで [ターゲット上でタスクの同時実行を許可] チェック ボックスをオンにします。モデルの階層構造で参照されるモデルでは、このチェック ボックスの選択はオプションです。参照モデルでこのオプションを選択した場合、Simulink では参照モデルの各レートがターゲット プロセッサ上で独立した同時実行タスクとして実行されます。

  5. [コンフィギュレーション パラメーター][コード生成][インターフェイス][詳細設定パラメーター]で、[MAT ファイルのログ] チェック ボックスをオフにします。

コンピューターで同時実行されるモデルが作成されたら、以下の方法でモデルをさらに詳細に構成することができます。

関連するトピック