最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

メッセージベースの通信

メッセージを使用して Simulink® モデル コンポーネント間の通信を確立する

メッセージは、システムの統合を目的とした Simulink コンポーネント間の通信のモデル化で使用されます。メッセージを使用し、コンポジション モデルで通信を確立できます。この場合のコンポーネントは、I/O 境界がある定義済みの一連の機能を実行する設計の分割です。

システムの複雑度が原因で、集中型アーキテクチャが分散型アーキテクチャで置き換えられる制御システム アーキテクチャでは、ソフトウェア コンポーネント間にメッセージベースの通信が必要です。メッセージは、イベントを関連するデータと組み合わせる場合に便利なモデリング アーティファクトです。メッセージ ブロックを使用して、メッセージの生成、消費、ストレージを管理します。詳細については、ソフトウェア コンポーネント間のメッセージベースの通信を参照してください。

ブロック

すべて展開する

Sendメッセージの作成と送信
Receive受信したメッセージからデータを抽出
Hit Crossing Probeクロッシング ポイントの検出
Queue, Entity Queueメッセージとエンティティのエンキュー
Sequence Viewerシミュレーション時にブロック間のメッセージ、イベント、ステート、遷移、および関数を表示

トピック

ソフトウェア コンポーネント間のメッセージベースの通信

この例では、異なるアプリケーションで実行されるソフトウェア コンポーネント間のメッセージベースの通信をモデル化する方法を説明します。

Queue ブロックを使用したメッセージの管理

この例では、Queue ブロックを使用して、メッセージを格納してキューに入れることによってモデル コンポーネント間のメッセージベースの通信をカスタマイズする方法を説明します。

メッセージの可視化、アニメーション化、検査

この例では、シンプルなメッセージ ベースの通信フレームワークにおいて、シミュレーション データ インスペクター、アニメーション、および Storage Inspector を使用してメッセージを可視化する方法を説明します。

Sequence Viewer ブロックを使用したメッセージ、イベント、エンティティの可視化

Sequence Viewer ブロックを使用して、メッセージ、イベント、関数の交換を表示する。

注目の例