Main Content

メッセージ

Simulink® モデル コンポーネント間のメッセージベースの通信の確立

メッセージは、システムの統合を目的とした Simulink コンポーネント間の通信をモデル化するために使用されます。メッセージを使用し、コンポジション モデルで通信を確立できます。この場合のコンポーネントは、I/O 境界がある定義済みの一連の機能を実行します。

システムの複雑度が原因で、集中型アーキテクチャが分散型アーキテクチャで置き換えられる制御システム アーキテクチャでは、ソフトウェア コンポーネント間にメッセージベースの通信が必要です。メッセージは、イベントを関連するデータと組み合わせる場合に便利なモデリング アーティファクトです。メッセージ ブロックを使用して、メッセージの生成、消費、ストレージを管理します。

Simulink メッセージの詳細については、Simulink メッセージの概要を参照してください。

ブロック

すべて展開する

Sendメッセージの作成と送信
Receiveメッセージを受信
Hit Crossing Probeクロッシング ポイントの検出
Queue, Entity Queueメッセージとエンティティのエンキュー
Message Mergeメッセージ パスを結合
Message Triggered SubsystemSubsystem whose execution is controlled by message input
Sequence Viewerシミュレーション時にブロック間のメッセージ、イベント、ステート、遷移、および関数を表示

ツール

すべて展開する

シーケンス ビューアーメッセージ、イベント、ステート、遷移、および関数を可視化

トピック

Simulink メッセージの理解

  • Simulink メッセージの概要
    分散型アーキテクチャ、コード生成、およびミドルウェアのモデル化のためのメッセージベースの通信の概要。

メッセージ送受信インターフェイスのモデル化

メッセージベースの計算

分散型アーキテクチャにおけるミドルウェアの効果のシミュレーション