Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Send, Message Send

メッセージの作成と送信

  • ライブラリ:
  • Simulink / Messages & Events

    SimEvents

説明

Send ブロックは入力信号の値を読み取り、この値を運ぶメッセージを送信します。メッセージベースの通信では、メッセージは Simulink でサポートされるあらゆる型のデータを伝達する、対象となる個別の項目です。Send ブロックと Message Send ブロックは同じブロックです。

端子

入力

すべて展開する

メッセージを送信するブロックを有効化する入力端子。0 より大きい入力値の場合、送信は有効化されます。0 以下の値の場合、送信は無効化されます。

依存関係

この端子を有効にするには、[イネーブル端子の表示] というラベルのチェック ボックスをオンにします。

データ型: double

このブロックは、列挙型を含む Simulink® でサポートされるあらゆる型の入力を受け入れ、入力信号をメッセージに変換します。詳細については、Simulink でサポートされているデータ型を参照してください。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | Boolean | enumerated | bus | fixed point

出力

すべて展開する

ブロックは定数の優先順位 20 でメッセージを出力します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | Boolean | enumerated | bus | fixed point

パラメーター

すべて展開する

イネーブル端子を表示するには、このチェック ボックスをオンにします。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: ShowEnablePort
: 文字ベクトル
: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

モデルの例

ブロックの特性

データ型

Boolean | bus | double | enumerated | fixed point | integer | single | string

直接フィードスルー

いいえ

多次元信号

はい

可変サイズの信号

いいえ

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

参考

(SimEvents)

R2016a で導入