最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

使用データ量を減らすことによる Prelookup ブロックと Interpolation ブロック内のメモリの節約

この例では、Prelookup ブロックおよび Interpolation ブロック内のメモリを節約する方法を示します。Prelookup ブロックおよび Interpolation Using Prelookup ブロックを使用すると、ブレークポイント データとテーブル データを保存するデータ型を明示的に設定できます。Prelookup ブロックを使用すると、入力データ型とは異なるブレークポイント データを設定できます。また、Interpolation Using Prelookup ブロックを使用すると、出力データ型とは異なるテーブル データを設定できます。

このモデルでは、単精度浮動小数点データ型を使用してブレークポイントとテーブルが保存され、倍精度浮動小数点データ型を使用して計算が実行されます。これにより、ブレークポイント データとテーブル データのメモリ量が半減します。

生成されたコードでこれを表示するには、モデルを開いて作成してください。