ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ブレークポイントとテーブル データの入力

[ブロック パラメーター] ダイアログ ボックスへのデータの入力

この例では、パラメーター ダイアログ ボックスを使用して 1-D Lookup Table ブロックを作成する方法を示しています。この例のルックアップ テーブルは [-3, 3] の範囲で関数 y = x3 を近似します。

  1. Lookup Tables ブロック ライブラリから 1-D Lookup Table ブロックを Simulink® モデルにコピーします。

  2. 1-D Lookup Table ブロック ダイアログ ボックスの指定のフィールドにテーブルの次元とテーブル データを入力します。

    • [テーブルの次元数]1 に設定します。

    • [テーブル データ][-27 -8 -1 0 1 8 27] に設定します。

    または、既存のルックアップ テーブル (Simulink.LookupTable) オブジェクトを使用するには、[データの仕様][ルックアップ テーブル オブジェクト] を選択します。

  3. 次の 2 つの方法のいずれかを使用してブレークポイント データセットを入力します。

    • 等間隔のデータ点を指定するには、[ブレークポイントの指定][等間隔] に設定します。[最初の点]-3[間隔]1 に設定します。ブロックはテーブル データに基づいて等間隔のブレークポイントの数を計算します。

    • ブレークポイント データを明示的に指定するには、[ブレークポイントの指定][明示的な値][Breakpoints 1][-3:3] に設定します。

ルックアップ テーブル エディターへのデータの入力

ルックアップ テーブル エディターを使用して 2-D Lookup Table ブロックを作成するには、次の手順を使用します。この例では、ルックアップ テーブルは x = [0, 2] および y = [0, 2] の入力範囲で関数 z = x2 + y2 を近似します。

  1. Lookup Tables ブロック ライブラリから 2-D Lookup Table ブロックを Simulink モデルにコピーします。

  2. Simulink [編集] メニューの [ルックアップ テーブル エディター] を選択するか、2-D Lookup Table ブロックのダイアログ ボックスで [テーブルとブレークポイントの編集] をクリックして、ルックアップ テーブル エディターを開きます。

  3. ["n-D Lookup Table" ブロック データの表示] で、ブレークポイント データセットとテーブル データを適切なセルに入力します。データを変更するには、セルをクリックして新しい値を入力し、Enter キーを押します。

    • [行ブレークポイント] に関連したセルに値 [0 1 2] をそれぞれ入力します。

    • [列ブレークポイント] に関連したセルに値 [0 1 2] をそれぞれ入力します。

    • テーブル データ セルに配列 [0 1 4; 1 2 5; 4 5 8] の値を入力します。

    ルックアップ テーブル エディターは次のように表示されます。

  4. ルックアップ テーブル エディターで [ファイル][ブロック データの更新] を選択して 2-D Lookup Table ブロックのデータを更新します。

  5. ルックアップ テーブル エディターを閉じます。

Lookup Table Dynamic ブロックの入力を使用したデータの入力

Lookup Table Dynamic ブロックの入力を使用してこのブロックを作成するには、次の手順を使用します。この例では、ルックアップ テーブルは [0, 10] の範囲で関数 y = 3x2 を近似します。

  1. Lookup Tables ブロック ライブラリから Lookup Table Dynamic ブロックを Simulink モデルにコピーします。

  2. 方程式 y = 3x2 を Simulink モデルに実装するために必要なブロックをコピーします。

    • 1 つの Constant ブロックを Sources ライブラリからコピーして入力範囲を定義します。

    • 1 つの Math Function ブロックを Math Operations ライブラリからコピーして、入力範囲を二乗します。

    • 1 つの Gain ブロックを Math Operations ライブラリからコピーして、信号に 3 を掛けます。

  3. ダイアログ ボックスを使用して、次のパラメーター値を Constant、Math Function、Gain ブロックに割り当てます。

    ブロックパラメーター
    Constant定数値0:10
    Math Function関数square
    Gainゲイン3
  4. Constant ブロックの出力端子を xdat というラベルが付いた Lookup Table Dynamic ブロックの入力端子に接続して、ブレークポイント データセットを Lookup Table Dynamic ブロックに入力します。この信号は x の入力ブレークポイント データセットです。

  5. Constant ブロックから出力信号を分岐し、これを Math Function ブロックに接続して、テーブル データを Lookup Table Dynamic ブロックに入力します。次に Math Function ブロックを Gain ブロックに接続します。最後に、ydat というラベルが付いた Lookup Table Dynamic ブロックの入力端子に Gain ブロックを接続します。この信号は y のテーブル データです。

参考

|

関連するトピック