Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Excel からのルックアップ テーブル データのインポート

この例では、Simulink モデルで MATLAB 関数 xlsread を使用してルックアップ テーブルにデータをインポートする方法を示します。

  1. MATLAB® パス上のフォルダーに Excel® ファイルを保存します。

  2. ルックアップ テーブル ブロックが含まれるモデルを開き、[モデル化] タブで [モデル設定] を選択します。

  3. [モデル プロパティ] ダイアログ ボックスの [コールバック] タブで、モデルのコールバック リストの PostLoadFcn コールバックをクリックします。

  4. テキスト ボックスに Excel スプレッドシート データをインポートするコードを入力します。2 次元ルックアップ テーブルについてのこの例に示すように、MATLAB の関数 xlsread を使用します。

    % Import the data from Excel for a lookup table
    data = xlsread('MySpreadsheet','Sheet1');
    % Row indices for lookup table
    breakpoints1 = data(2:end,1)';
    % Column indices for lookup table
    breakpoints2 = data(1,2:end);
    % Output values for lookup table
    table_data = data(2:end,2:end);
    

  5. [OK] をクリックします。

変更を保存した後で、次にモデルを開くと、Simulink® はコールバックを呼び出してデータをインポートします。

関連するトピック