ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Enumerated Constant

列挙型の定数値の生成

  • ライブラリ:
  • Simulink / Sources

    HDL Coder / Sources

説明

Enumerated Constant ブロックは、列挙値のスカラー、配列、または行列を出力します。Constant ブロックを使用して列挙値を出力できますが、[出力の最小値] および [出力の最大値] などの列挙型に適用されないブロック パラメーターを提供します。定数列挙値だけを出力するブロックが必要な場合は、Constant ではなく Enumerated Constant を使用してください。詳細については、Simulink 列挙型を参照してください。

端子

出力

すべて展開する

列挙型の定数値。スカラー、ベクトルまたは行列として指定します。

データ型: enumerated

パラメーター

すべて展開する

ブロックが 1 つ以上の値を出力するために使用する列挙型を指定します。初期値の Enum:SlDemoSign は、新しくコピーされたブロックがエラーを発生させるのを防止するダミー列挙型です。目的の列挙型を指定するには、ドロップダウン リストから選択するか、[出力データ型] フィールドに「Enum: ClassName」と入力します (ClassName は型を定義する MATLAB® クラスの名前です)。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: OutDataTypeStr
: 文字ベクトル
: 'Enum:<ClassName>'
既定の設定: 'Enum: SlDemoSign'

指定するデータのカテゴリを選択します。

列挙型

列挙データ型。列挙型 を選択すると、右側から 2 番目のメニュー/テキスト ボックスが有効になります。そこにクラス名を入力することができます。

ブロックが出力する値を指定します。ブロックの出力は、[値] パラメーターと同じ次元と要素をもちます。初期値の [SlDemoSign.Positive] は、新しくコピーされたブロックがエラーを発生させるのを防止するダミー列挙値です。

目的の列挙値を指定するには、ドロップダウン リストから選択するか、目的の結果として評価される MATLAB 式 (調整可能なパラメーターを使用する式を含む) を入力します。指定するすべての値は、[出力データ型] で指定した型でなければなりません。列挙型の各値を含む配列を指定するには、関数 enumeration を使用します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: Value
: 文字ベクトル
: 'Enum:<ClassName.Value>'
既定の設定: 'SlDemoSign.Positive'

シミュレーション中に (たとえば、[値] パラメーターの調整結果として) ブロックの出力が変化する時間間隔を指定します。inf の既定値はブロックの出力が変化しないことを示します。サンプル時間 inf は、ブロックの出力を再計算する必要性をなくすことによって、シミュレーションとコードの生成を高速化します。詳細については、サンプル時間の指定を参照してください。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: SampleTime
: 文字ベクトル
: スカラー | ベクトル
既定の設定: 'inf'

ブロックの特性

データ型

enumerated

直接フィードスルー

いいえ

多次元信号

いいえ

可変サイズの信号

いいえ

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

PLC コード生成
Simulink® PLC Coder™ を使用して構造化テキスト コードを生成します。

R2009b で導入