ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Polynomial

入力値に対する多項式係数を評価する

  • ライブラリ:
  • Simulink / Math Operations

説明

Polynomial ブロックは入力 u について、各タイム ステップで P(u) を評価します。MATLAB® polyval コマンドによって受け入れられる形式の多項式係数のセットを定義します。

端子

入力

すべて展開する

評価する点での多項式 P(u) の値。

データ型: single | double

出力

すべて展開する

入力信号で評価された多項式 P(u) の値。

データ型: single | double

パラメーター

すべて展開する

MATLAB polyval 形式で多項式係数を指定します。最初の係数は xN と対応し、残りの係数は降順の x に対応します。最後の係数は多項式の定数を表します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: coefs
タイプ: 実数配列
既定の設定: [ +2.081618890e-019, -1.441693666e-014, +4.719686976e-010, -8.536869453e-006, +1.621573104e-001, -8.087801117e+001 ]

ブロックの特性

データ型

double | single

直接フィードスルー

はい

多次元信号

いいえ

可変サイズの信号

いいえ

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

PLC コード生成
Simulink® PLC Coder™ を使用して構造化テキスト コードを生成します。

参考

トピック

R2006a より前に導入