最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Model Info

モデル プロパティとモデル中のテキストを表示する

  • ライブラリ:
  • Simulink / Model-Wide Utilities

    HDL Coder / Model-Wide Utilities

説明

Model Info ブロックは、モデル プロパティとモデルに関するテキストを、ブロックのマスクに表示します。Model Info ブロックのダイアログ ボックスで、そのブロックが表示するテキストの内容と書式が指定できます。ブロックに表示するモデル プロパティを選択できます。ブロック マスクに表示されるテキストで、Simulink® はプロパティ名をモデル内のプロパティの現在の値に置き換えます。

パラメーター

すべて展開する

[Model Info ブロックに表示するテキストを入力] エディット ボックスで、表示するテキストとプロパティを指定します。

  • エディット ボックスで、ブロック マスクに表示するテキストを入力します。既定のテキスト Model Info を編集します。

  • ブロック マスクのモデル プロパティを表示するには、[モデル プロパティ] リストでプロパティを選択して、右矢印ボタンをクリックします。

    ブロックは %<modelpropertyname> 形式のトークンをエディット ボックスに追加します。ブロック マスクが表示するテキストで、Simulink はトークンをプロパティの値に置き換えます。

    1. たとえば、[モデル プロパティ] リストで Description を選択して右矢印ボタンをクリックすると、次のトークン

      %<Description>

      が右のエディット ボックスに表示されます。

    2. モデル プロパティの前に "Model description:" といった説明のテキストを追加することもできます。

    3. [適用] または [OK] をクリックすると、Simulink でモデル エディターのブロック マスクにモデル プロパティの新しいテキストと現在の値が表示されます。

    モデル プロパティの詳細は、バージョン情報プロパティを参照してください。

ソース管理情報に関心がある場合は、ソース管理ツールの柔軟性のあるインターフェイスとしてプロジェクトを使用します。プロジェクトのソース管理を参照してください。

ブロックの特性

データ型

直接フィードスルー

いいえ

多次元信号

いいえ

可変サイズの信号

いいえ

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

PLC コード生成
Simulink® PLC Coder™ を使用して構造化テキスト コードを生成します。

R2006a より前に導入