ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Interpreted MATLAB Function

MATLAB 関数または式を入力に適用

  • ライブラリ:
  • Simulink / User-Defined Functions

説明

Interpreted MATLAB Function ブロックは、指定した MATLAB® 関数または式を入力に適用します。関数の出力は、このブロックの出力次元に一致しなければなりません。

このブロックに対する有効な式の例を以下に示します。

sin
atan2(u(1), u(2))
u(1)^u(2)

メモ:

各積分ステップの実行中に MATLAB パーサーが呼び出されるため、このブロックは Fcn ブロックよりスピードが遅くなっています。このブロックの代わりに組み込みブロック (たとえば、Fcn ブロックまたは Math Function ブロック) を使用するか、MATLAB S-Function または MEX ファイル S-Function として関数を作成してから、S-Function ブロックを使ってアクセスすることを検討してください。

端子

入力

すべて展開する

Interpreted MATLAB Function ブロックは、double 型の単一の実数入力または複素数入力を受け入れ、double 型の実数出力または複素数出力を生成します。どちらを生成するかは、[出力信号タイプ] パラメーターの設定によって決まります。

データ型: double

出力

すべて展開する

Interpreted MATLAB Function ブロックは、double 型の単一の実数入力または複素数入力を受け入れ、double 型の実数出力または複素数出力を生成します。どちらを生成するかは、[出力信号タイプ] パラメーターの設定によって決まります。

データ型: double

パラメーター

すべて展開する

関数または式を指定します。関数のみを指定した場合、小かっこの中に入力引数を含める必要はありません。

ブロック出力信号の次元を指定します。たとえば 2 要素ベクトルの場合は 2 を指定します。出力の次元は [MATLAB 関数] フィールドの関数または式の戻り値の次元に一致しなければなりません。

指定した関数または式の出力から次元を継承する場合は -1 を指定します。出力の次元を決定するために、Simulink は関数または式をシミュレーションの開始前に一度実行します。

メモ

このパラメーターに -1 を指定し、関数に永続変数が含まれる場合、シミュレーションの開始前に変数が更新される可能性があります。永続変数を使用する必要がある場合、このパラメーターを -1 以外の値に設定することを検討してください。

ブロックの出力信号タイプを realcomplex、または auto として選択します。auto という値は、出力タイプを入力信号のタイプと同じになるように設定します。

このチェック ボックスを選択して、2 次元配列の要素を列の大きい順で含んでいる 1 次元配列としてその 2 次元配列を出力します。

メモ

このパラメーターは、明示的に -1 以外の値に設定されていない限り、ブロック ダイアログ ボックスに表示されません。詳細は、サンプル時間が推奨されないブロックを参照してください。

ブロックの特性

データ型

double

直接フィードスルー

はい

多次元信号

いいえ

可変サイズの信号

いいえ

ゼロクロッシング検出

いいえ

R2011a で導入