Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

For Iterator Subsystem

シミュレーション タイム ステップ中に指定された反復回数だけサブシステムの実行を繰り返す

  • ライブラリ:
  • Simulink / Ports & Subsystems

  • For Iterator Subsystem block

説明

For Iterator Subsystem ブロックは、シミュレーションのタイム ステップの間、指定された反復回数だけ実行を繰り返すサブシステムを作成するための開始点として事前構成されている Subsystem ブロックです。反復回数は、サブシステム内の For Iterator ブロックによって制御されます。例については、ex_for_iterator_block を参照してください。

簡易初期化モードの使用時に、For Iterator Subsystem ブロック内に経過時間を必要とするブロック (Discrete-Time Integrator ブロックなど) を配置すると、Simulink® でエラーが表示されます。

端子

入力

すべて展開する

Inport ブロックを Subsystem ブロック内に配置することで、ブロックへの外部入力端子が追加されます。端子ラベルは Inport ブロックの名前と一致します。

ローカル環境から信号を取得するには、Inport ブロックを使用します。

データ型: half | single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | Boolean | fixed point | enumerated | bus | image

出力

すべて展開する

Outport ブロックを Subsystem ブロック内に配置することで、ブロックの出力端子が追加されます。Subsystem ブロック上の端子ラベルは Outport ブロックの名前です。

信号をローカル環境に送信するには、Outport ブロックを使用します。

データ型: half | single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | Boolean | fixed point | enumerated | bus | image

ブロックの特性

データ型

Booleana | busa | doublea | enumerateda | fixed pointa | halfa | integera | singlea | stringa

直達

いいえ

多次元信号

限定的a

可変サイズの信号

限定的a

ゼロクロッシング検出

いいえ

a 実際のデータ型または機能のサポートは、ブロックの実装に依存します。

拡張機能

バージョン履歴

R2006a より前に導入