Main Content

Resettable Subsystem

外部トリガーでブロックの状態がリセットされるサブシステム

  • ライブラリ:
  • Simulink / Ports & Subsystems

  • Resettable Subsystem block

説明

Resettable Subsystem ブロックは、制御端子がトリガー信号を受信するたびにブロック状態がリセットされるサブシステムを作成する開始点として事前設定された Subsystem ブロックです。サブシステムの動作は、サブシステム内に配置された Reset ブロックで制御されます。

端子

入力

すべて展開する

Inport ブロックを Subsystem ブロック内に配置することで、ブロックへの外部入力端子が追加されます。端子ラベルは Inport ブロックの名前と一致します。

ローカル環境から信号を受信するには、Inport ブロックを使用します。

データ型: half | single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | Boolean | fixed point | enumerated | bus | image

Reset ブロックを Subsystem ブロック内に配置することで、ブロックへの外部入力端子が追加され、ブロックが Resettable Subsystem に変更されます。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | Boolean | fixed point

出力

すべて展開する

Outport ブロックを Subsystem ブロック内に配置することで、ブロックの出力端子が追加されます。Subsystem ブロック上の端子ラベルは Outport ブロックの名前です。

信号をローカル環境に送信するには、Outport ブロックを使用します。

データ型: half | single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | Boolean | fixed point | enumerated | bus | image

ブロックの特性

データ型

Booleana | busa | doublea | enumerateda | fixed pointa | halfa | integera | singlea | stringa

直接フィードスルー

いいえ

多次元信号

限定的a

可変サイズの信号

限定的a

ゼロクロッシング検出

いいえ

a 実際のデータ型または機能のサポートは、ブロックの実装に依存します。

拡張機能

バージョン履歴

R2015a で導入

参考

ブロック