ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Resettable Subsystem

この例では、2 つの Resettable Subsystem を使用してランプ信号を統合した場合の結果を示します。シミュレーションの実行後、スコープに 3 つのプロットが表示されます。

中央のプロットはリセット信号の元の値を示します。この例では、離散サンプル時間のパルス信号を使用しています。立ち上がりエッジと立ち下がりエッジが 2 つのサブシステムのリセットの原因です。

上部プロットと下部プロットは最初のランプを参照およびその積分として示します。上部プロットと下部プロットに対応するサブシステムはパルスの立ち上がりエッジと立ち下がりエッジごとにそれぞれリセットされます。各サブシステムがリセットされると Integrator ブロックの状態は初期状態の値である 0 に設定されます。中央のプロットを参照して、各サブシステムでのリセットのタイミングを決定できます。

各ブロックで独自のリセット端子を必要とせずに、サブシステム内のブロックでリセットが発生することに注目してください。これにより、サブシステム レベルでのリセット処理がより簡単になります。