最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Repeating Sequence

任意の形状をした規則的な信号を生成

  • ライブラリ:
  • Simulink / Sources

説明

Repeating Sequence ブロックは、[時間値] パラメーターと [出力値] パラメーターを使用して指定した波形をもつ周期的なスカラー信号を出力します。[時間値] パラメーターは、出力時間のベクトルを指定します。[出力値] パラメーターは、対応する出力時間における信号の振幅のベクトルを指定します。同時に、この 2 つのパラメーターは、波形が繰り返される (つまり、信号の周期) 区間の始まりの点から区間全体の出力波形のサンプルを指定します。

既定の設定では、両方のパラメーターは [0 2] です。これらの既定の設定は、シミュレーションの開始から 2 秒ごとに繰り返され、最大振幅が 2 のノコギリ状の波形を指定します。

端子

出力

すべて展開する

周期的なスカラー信号を作成するために [時間値] パラメーターと [出力値] パラメーターで指定された出力信号。

データ型: double

パラメーター

すべて展開する

厳密に単調増加する時間値のベクトル。生成された波形の周期はこのパラメーターの最後の値と最初の値の差分です。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: rep_seq_t
: 文字ベクトル
: ベクトル
既定の設定: [0 2]

出力波形を指定する出力値のベクトル。それぞれの要素は [時間値] パラメーターの時間値に対応します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: rep_seq_y
: 文字ベクトル
: ベクトル
既定の設定: [0 2]

モデルの例

ブロックの特性

データ型

double

直接フィードスルー

いいえ

多次元信号

いいえ

可変サイズの信号

いいえ

ゼロクロッシング検出

いいえ

アルゴリズム

ブロックは、入力期間を [時間値] パラメーターの最初と最後の値の間の差として設定します。任意の t 時の出力は t = t-n*period 時の出力です。ここで、n は整数です。シーケンスは t = n*period で繰り返します。ブロックは、線形内挿を使って、指定した出力時間の間の波形の値を計算します。

拡張機能

R2006a より前に導入