Main Content

モデル コンフィギュレーション パラメーターの推奨設定のまとめ

次の表は、各コンフィギュレーション パラメーターがデバッグ、トレーサビリティ、効率性、安全性に与える影響をまとめています。特に指定しない限り、GRT ターゲットおよび ERT ターゲットの出荷時の既定のコンフィギュレーションを示します。

ERT ターゲットが指定された場合にのみ利用可能なパラメーターについては、Recommended Settings Summary for Model Configuration Parameters (Embedded Coder)を参照してください。

詳細は、[コンフィギュレーション パラメーター] 列のリンクをクリックしてください。

[ソルバー] ペインへのアプリケーション要件のマッピング

コンフィギュレーション パラメーターコード作成の設定出荷時の既定の設定

デバッグ

トレーサビリティ

効率性

安全対策

開始時間

影響なし

影響なし

影響なし

0.0

0.0 秒

終了時間

影響なし

影響なし

影響なし

正の値

10.0 秒

タイプ

固定ステップ

固定ステップ

固定ステップ

固定ステップ

[可変ステップ] (コード生成では [固定ステップ] に変更しなければなりません)

ソルバー

影響なし

影響なし

影響なし

Discrete (no continuous states)

ode3 (Bogacki-Shampine)

周期的なサンプル時間の制約

影響なし

影響なし

影響なし

[指定] または [サンプル時間に依存しない]

制約なし

サンプル時間のプロパティ

影響なし

影響なし

影響なし

モデル内の各サンプル時間の期間、オフセット、および優先順位。サンプル時間に割り当てる優先順位は、サンプル時間が短いほど高くしなければなりません。

''

各離散レートを個別のタスクとして扱う

影響なし

影響なし

影響なし

影響なし

オン

データ転送に対するレート変換を自動的に取り扱う

影響なし

影響なし (シミュレーションおよび開発中)

オフ (量産コード生成)

影響なし

オフ

オフ

[データのインポート/エクスポート] ペインへのアプリケーション要件のマッピング

コンフィギュレーション パラメーターコード作成の設定出荷時の既定の設定
デバッグトレーサビリティ効率性安全対策

入力

影響なし

影響なし

推奨なし

推奨なし

オフ

初期状態

影響なし

影響なし

推奨なし

推奨なし

オフ

時間

影響なし

影響なし

推奨なし

推奨なし

オン

状態

影響なし

影響なし

推奨なし

推奨なし

オフ

出力

影響なし

影響なし

推奨なし

推奨なし

オン

最終状態

影響なし

影響なし

推奨なし

推奨なし

オフ

信号のログ

影響なし

影響なし

推奨なし

推奨なし

オン

ワークスペース データのログをシミュレーション データ インスペクターに記録

影響なし

影響なし

推奨なし

推奨なし

オフ

データ点を制限する

影響なし

影響なし

推奨なし

推奨なし

オン

間引き

影響なし

影響なし

推奨なし

推奨なし

1

形式

影響なし

影響なし

推奨なし

推奨なし

配列

出力オプション

影響なし

影響なし

推奨なし

推奨なし

出力リファイン

リファイン ファクター

影響なし

影響なし

推奨なし

推奨なし

1

出力時間

影響なし

影響なし

推奨なし

推奨なし

'[]'

[数学とデータ型] ペインへのアプリケーション要件のマッピング

コンフィギュレーション パラメーターコード作成の設定出荷時の既定の設定
デバッグトレーサビリティ効率性安全対策

指定不足のデータ型の既定値

影響なし

影響なし

single

影響なし

double

固定小数点の正味勾配計算に除算を使用

影響なし

影響なし

オン (ターゲット ハードウェアが効率的な除算に対応している場合)

オフ (それ以外の場合)

影響なし

off

アプリケーションのライフスパン (日)

影響なし

影響なし

有限値

inf

auto

浮動小数点の乗算を使用して勾配設定を補正

影響なし

影響なし

オン (ターゲット ハードウェアが効率的な乗算に対応している場合)
オフ (対応していない場合)

推奨なし

オフ

*コマンド ライン値はリストされた値の逆です。

[最適化] ペインへのアプリケーション要件のマッピング

コンフィギュレーション パラメーターコード作成の設定出荷時の既定の設定
デバッグトレーサビリティ効率性安全対策

既定のパラメーター動作

調整可能 (GRT)

インライン (ERT)

インライン

インライン

影響なし

調整可能 (GRT)

インライン (ERT)

ループ展開のしきい値

影響なし

影響なし

>0

影響なし

5

最大スタック サイズ (バイト)

影響なし

影響なし

影響なし

影響なし

ターゲットから継承

ベクトルの割り当てに対して memcpy を使用

影響なし

影響なし

オン

影響なし

オン

memcpy しきい値 (バイト)

影響なし

影響なし

既定の設定を受け入れるか、ターゲット固有の最適値を決定します。

影響なし

64

インライン不変信号

オフ

オフ

オン

影響なし

オフ

範囲外の値をラップする浮動小数点から整数への変換コードを削除

オフ

オフ

オン (実行、ROM)

影響なし (RAM)

影響なし

オフ

ステートの設定を保存するためにビットセットを使用

オフ

オフ

オフ (実行、ROM)

オン (RAM)

影響なし

オフ

boolean データを保存するためにビットセットを使用

オフ

オフ

オフ (実行、ROM)

オン (RAM)

影響なし

オフ

[診断] ペインへのアプリケーション要件のマッピング[ソルバー] タブ

コンフィギュレーション パラメーターコード作成の設定出荷時の既定の設定
デバッグトレーサビリティ効率性安全対策

代数ループ

エラー

影響なし

影響なし

エラー

警告

代数ループの最小化

影響なし

影響なし

影響なし

エラー

警告

ブロック優先順位違反

影響なし

影響なし

影響なし

エラー

警告

連続的なゼロクロッシング違反

影響なし

影響なし

影響なし

[警告] または [エラー]

エラー

指定のないサンプル時間の継承

影響なし

影響なし

影響なし

エラー

警告

ソルバーデータの不整合

警告

影響なし

なし

影響なし

警告

自動ソルバー パラメーターの選択

影響なし

影響なし

影響なし

エラー

警告

[診断] ペインへのアプリケーション要件のマッピング[サンプル時間] タブ

コンフィギュレーション パラメーターコード作成の設定出荷時の既定の設定
デバッグトレーサビリティ効率性安全対策

-1 のサンプル時間が指定されたソース ブロック

影響なし

影響なし

影響なし

エラー

なし

マルチタスク データ転送

影響なし

影響なし

影響なし

エラー

エラー

シングル タスク データ転送

影響なし

影響なし

影響なし

[なし] または [エラー]

なし

マルチタスクの条件付き実行サブシステム

影響なし

影響なし

影響なし

エラー

エラー

同じ優先順位をもつタスク

影響なし

影響なし

影響なし

[なし] または [エラー]

警告

Signal Specification ブロックで指定されたサンプル時間にする

影響なし

影響なし

影響なし

エラー

警告

[診断] ペインへのアプリケーション要件のマッピング[データ有効性] タブ

コンフィギュレーション パラメーターコード作成の設定出荷時の既定の設定
デバッグトレーサビリティ効率性安全対策

信号の関連付け

影響なし

影響なし

影響なし

明示的のみ

明示的のみ

特異値行列による除算

影響なし

影響なし

影響なし

エラー

なし

指定不足のデータ型

影響なし

影響なし

影響なし

エラー

なし

シミュレーション範囲のチェック

[警告] または [エラー]

[警告] または [エラー]

なし

エラー

なし

オーバーフロー時にラップ

影響なし

影響なし

影響なし

エラー

警告

オーバーフローで飽和

影響なし

影響なし

影響なし

エラー

警告

Inf または NaN のブロック出力

影響なし

影響なし

影響なし

エラー

なし

識別子の "rt" 接頭辞

影響なし

影響なし

影響なし

エラー

エラー

ダウンキャストの検出

影響なし

影響なし

影響なし

エラー

エラー

オーバーフローの検出

影響なし

影響なし

影響なし

エラー

エラー

アンダーフローの検出

影響なし

影響なし

影響なし

エラー

なし

桁落ちの検出

影響なし

影響なし

影響なし

エラー

エラー

調整可能性の消失を検出

影響なし

影響なし

影響なし

エラー

警告 (GRT ベースのターゲットの場合)

エラー (ERT ベースのターゲットの場合)

書き込み前の読み取りを検出

影響なし

影響なし

影響なし

エラー

警告としてすべて有効

読み取り後の書き込みを検出

影響なし

影響なし

影響なし

エラー

警告としてすべて有効

書き込み後の書き込みを検出

影響なし

影響なし

影響なし

エラー

エラーとしてすべて有効

マルチタスク データ ストア

影響なし

影響なし

影響なし

エラー

警告

データ ストア名の重複

警告

影響なし

なし

影響なし

なし

定義されていないサブシステムの初期出力のチェック

影響なし

影響なし

影響なし

オン

オン

実行コンテキストの実行時の出力をチェック

影響なし

影響なし

影響なし

オン

オフ

[診断] ペインへのアプリケーション要件のマッピング[タイプ変換] タブ

コンフィギュレーション パラメーターコード作成の設定出荷時の既定の設定
デバッグトレーサビリティ効率性安全対策

不必要な型変換

影響なし

影響なし

影響なし

警告

なし

ベクトル/行列ブロック入力変換

影響なし

影響なし

影響なし

エラー

なし

32 ビットの整数を単精度浮動小数点に変換

影響なし

影響なし

影響なし

警告

警告

[診断] ペインへのアプリケーション要件のマッピング[接続性] タブ

コンフィギュレーション パラメーターコード作成の設定出荷時の既定の設定
デバッグトレーサビリティ効率性安全対策

信号ラベルの不一致

影響なし

影響なし

影響なし

エラー

なし

接続されていないブロックの入力端子

影響なし

影響なし

影響なし

エラー

警告

接続されていないブロックの出力端子

影響なし

影響なし

影響なし

エラー

警告

接続されていないライン

影響なし

影響なし

影響なし

エラー

なし

ルートの Outport ブロックの未定義のバス オブジェクト

影響なし

影響なし

影響なし

エラー

警告

要素名の不一致

影響なし

影響なし

影響なし

エラー

警告

ベクトルとして扱われるバス信号

影響なし

影響なし

影響なし

エラー

なし

コンテキスト依存の入力

影響なし

影響なし

影響なし

すべて有効

ローカル設定を利用

[診断] ペインへのアプリケーション要件のマッピング[互換性] タブ

コンフィギュレーション パラメーターコード作成の設定出荷時の既定の設定
デバッグトレーサビリティ効率性安全対策

アップグレードの必要な S-Function

影響なし

影響なし

影響なし

エラー

なし

[診断] ペインへのアプリケーション要件のマッピング[モデル参照] タブ

コンフィギュレーション パラメーターコード作成の設定出荷時の既定の設定
デバッグトレーサビリティ効率性安全対策

Model ブロック バージョンの不一致

影響なし

影響なし

影響なし

推奨なし

なし

端子とパラメーターの不一致

影響なし

影響なし

影響なし

エラー

なし

無効なルートの Inport/Outport ブロックの接続

影響なし

影響なし

影響なし

エラー

なし

サポートされないデータ ログ

影響なし

影響なし

影響なし

エラー

警告

[診断] ペインへのアプリケーション要件のマッピング[保存] タブ

コンフィギュレーション パラメーターコード作成の設定出荷時の既定の設定
デバッグトレーサビリティ効率性安全対策

ブロック線図は無効化されたライブラリ リンクを含む

影響なし

影響なし

影響なし

影響なし

警告

ブロック線図はパラメーター付きのライブラリ リンクを含んでいます

影響なし

影響なし

影響なし

影響なし

なし

[診断] ペインへのアプリケーション要件のマッピング[Stateflow] タブ

コンフィギュレーション パラメーターコード作成の設定出荷時の既定の設定
デバッグトレーサビリティ効率性安全対策

未使用のデータ、イベント、メッセージおよび関数

警告

影響なし

影響なし (シミュレーションおよび開発中)

[なし] (量産コード生成)

警告

警告

予期せぬバックトラッキング

警告

影響なし

影響なし

エラー

警告

チャート初期化中の無効な入力データ アクセス

警告

影響なし

影響なし

エラー

警告

無条件のデフォルト遷移がない

警告

影響なし

影響なし (シミュレーションおよび開発中)

[なし] (量産コード生成)

エラー

警告

自然な親以外からの遷移

警告

影響なし

影響なし (シミュレーションおよび開発中)

[なし] (量産コード生成)

エラー

警告

[ハードウェア実行] ペインへのアプリケーション要件のマッピング

コンフィギュレーション パラメーターコード作成の設定出荷時の既定の設定
デバッグトレーサビリティ効率性安全対策

デバイス ベンダー

影響なし影響なし影響なし

ドロップダウン リストで選択できる場合は [デバイス ベンダー][デバイス タイプ] を選択します。[デバイス ベンダー][デバイス タイプ] が選択できない場合は、[Custom Processor] を使用してデバイス固有の値を設定します。

None (指定されたシステム ターゲット ファイルが ert.tlcrealtime.tlc または autosar.tlc の場合)Determine by Code Generation system target file (それ以外)

デバイス ベンダー

影響なし影響なし影響なし

ドロップダウン リストで選択できる場合は [デバイス ベンダー][デバイス タイプ] を選択します。[デバイス ベンダー][デバイス タイプ] が選択できない場合は、[Custom Processor] を使用してデバイス固有の値を設定します。

Intel

デバイス タイプ

影響なし

影響なし

影響なし

ドロップダウン リストで選択できる場合は [デバイス ベンダー][デバイス タイプ] を選択します。[デバイス ベンダー][デバイス タイプ] が選択できない場合は、[Custom Processor] を使用してデバイス固有の値を設定します。

x86–64 (Windows64)

ビット数: char

影響なし

影響なし

ターゲット固有

コード生成なしのシミュレーションの場合は推奨なしです。
コード生成ありのシミュレーションでは、ドロップダウン リストで選択できる場合は [デバイス ベンダー][デバイス タイプ] を選択します。[デバイス ベンダー][デバイス タイプ] が選択できない場合は、[Custom Processor] を使用してデバイス固有の値を設定します。

char 8、short 16、int 32、long 32、long long 64、float 32、double 64、native 32、pointer 32

最大 Atomic サイズ: integer

影響なし

影響なし

ターゲット固有

コード生成なしのシミュレーションの場合は推奨なしです。
コード生成ありのシミュレーションでは、ドロップダウン リストで選択できる場合は [デバイス ベンダー][デバイス タイプ] を選択します。[デバイス ベンダー][デバイス タイプ] が選択できない場合は、[Custom Processor] を使用してデバイス固有の値を設定します。

整数 Char、浮動小数点 Float

バイト順

影響なし

影響なし

影響なし

コード生成なしのシミュレーションの場合は推奨なしです。
コード生成ありのシミュレーションでは、ドロップダウン リストで選択できる場合は [デバイス ベンダー][デバイス タイプ] を選択します。[デバイス ベンダー][デバイス タイプ] が選択できない場合は、[Custom Processor] を使用してデバイス固有の値を設定します。

リトル エンディアン

符号付き整数の除算の丸め

シミュレーションおよび開発中は影響なし

量産コード生成の場合は [未定義]

シミュレーションおよび開発中は影響なし

量産コード生成の場合は [ゼロ方向] または [負方向]

シミュレーションおよび開発中は影響なし

量産コード生成の場合は [ゼロ方向]

コード生成なしのシミュレーションの場合は推奨なしです。
コード生成ありのシミュレーションでは、ドロップダウン リストで選択できる場合は [デバイス ベンダー][デバイス タイプ] を選択します。[デバイス ベンダー][デバイス タイプ] が選択できない場合は、[Custom Processor] を使用してデバイス固有の値を設定します。

ゼロ方向

算術シフトとして符号付き整数を右にシフト

影響なし

影響なし

オン

コード生成なしのシミュレーションの場合は推奨なしです。
コード生成ありのシミュレーションでは、ドロップダウン リストで選択できる場合は [デバイス ベンダー][デバイス タイプ] を選択します。[デバイス ベンダー][デバイス タイプ] が選択できない場合は、[Custom Processor] を使用してデバイス固有の値を設定します。

オン

long long のサポート

影響なし

影響なし

オン (実行、ROM)

コード生成なしのシミュレーションの場合は推奨なしです。
コード生成ありのシミュレーションでは、ドロップダウン リストで選択できる場合は [デバイス ベンダー][デバイス タイプ] を選択します。[デバイス ベンダー][デバイス タイプ] が選択できない場合は、[Custom Processor] を使用してデバイス固有の値を設定します。

オフ

[モデル参照] ペインへのアプリケーション要件のマッピング

コンフィギュレーション パラメーターコード作成の設定出荷時の既定の設定
デバッグトレーサビリティ効率性安全対策

リビルド

影響なし

影響なし

影響なし

[任意の変更を検出] または [行わない]

[行わない] 設定を使用する場合は、[リビルドを診断しない] パラメーターを [リビルドが必要な場合エラーにする] に設定します。

任意の変更を検出

リビルドの診断をしない

影響なし

影響なし

影響なし

リビルドが必要な場合エラーにする リビルドが必要な場合エラーにする

並列モデルの参照ビルドを有効化

影響なし

影響なし

影響なし

影響なし

オフ

ビルドのための MATLAB ワーカーの初期化

影響なし

影響なし

影響なし

影響なし

なし

最上位モデルごとに可能なインスタンスの総数

影響なし

影響なし

影響なし

推奨なし

複数

コード生成で固定サイズのスカラーのルート入力を値渡しで行う

影響なし

影響なし

影響なし

推奨なし

オフ

代数ループの発生の最小化

影響なし

影響なし

影響なし

推奨なし

オフ

可変サイズの信号のサイズを伝播

影響なし

影響なし

影響なし

推奨なし

モデルのブロックから推論

モデルの依存関係

影響なし

影響なし

影響なし

推奨なし

''

[シミュレーション ターゲット] ペインへのアプリケーション要件のマッピング[一般] タブ

コンフィギュレーション パラメーターコード作成の設定出荷時の既定の設定
デバッグトレーサビリティ効率性安全対策

メモリの整合性を確保

オン

影響なし

推奨なし

オン

オン

セミコロンなしの式をエコー

オン

影響なし

オフ

影響なし

オン

応答を確保

オン

推奨なし

推奨なし

推奨なし

オン

[シミュレーション ターゲット] ペインへのアプリケーション要件のマッピング[シンボル] タブ

コンフィギュレーション パラメーターコード作成の設定出荷時の既定の設定
デバッグトレーサビリティ効率性安全対策

予約名

影響なし

影響なし

影響なし

推奨なし

{}

[シミュレーション ターゲット] ペインへのアプリケーション要件のマッピング[カスタム コード] タブ

コンフィギュレーション パラメーターコード作成の設定出荷時の既定の設定
デバッグトレーサビリティ効率性安全対策

カスタム コードのインポート

オン

影響なし

影響なし

オン

オン

ソース ファイル

推奨なし

推奨なし

推奨なし

推奨なし

''

ヘッダー ファイル

推奨なし

推奨なし

推奨なし

推奨なし

''

初期化関数

推奨なし

推奨なし

推奨なし

推奨なし

''

終了関数

推奨なし

推奨なし

推奨なし

推奨なし

''

インクルード ディレクトリ

影響なし

影響なし

影響なし

推奨なし

''

ソース ファイル

影響なし

影響なし

影響なし

推奨なし

''

ライブラリ

影響なし

影響なし

影響なし

推奨なし

''

定義

影響なし

影響なし

影響なし

推奨なし

''

[コード生成] ペインへのアプリケーション要件のマッピング: [一般] タブ

コンフィギュレーション パラメーターコード作成の設定出荷時の既定の設定
デバッグトレーサビリティ効率性安全対策

システム ターゲット ファイル

影響なし

影響なし

影響なし

影響なし (GRT)

ERT ベース (ERT)

grt.tlc

言語

影響なし

影響なし

影響なし

影響なし

C

compexcep="155"コンパイラ最適化レベル

最適化オフ (高速にビルド)

最適化オフ (高速にビルド)

最適化オン (高速に実行) (実行)

影響なし (ROM、RAM)

影響なし

最適化オフ (高速にビルド)

カスタム コンパイラ最適化フラグ

最適化オフ (高速にビルド)

最適化オフ (高速にビルド)

最適化オン (高速に実行)

影響なし

最適化オフ (高速にビルド)

makefile の生成

影響なし

影響なし

影響なし

影響なし

オン

make コマンド

影響なし

影響なし

影響なし

推奨なし

make_rtw

テンプレート makefile

影響なし

影響なし

影響なし

影響なし

grt_default_tmf

目的の選択

デバッグGRT ベースのターゲットには該当しない実行効率性

推奨なし

指定なし

コード生成前にモデルをチェック

[オン (警告でも続行)] または [オン (警告の場合停止)][オン (警告でも続行)] または [オン (警告の場合停止)][オン (警告でも続行)] または [オン (警告の場合停止)][オン (警告でも続行)] または [オン (警告の場合停止)]オフ

コード生成のみ

オフ

影響なし

影響なし

影響なし

オフ

詳細なビルド (コマンド表示)

オン

影響なし

影響なし

推奨なし

オン

.rtw ファイルを残す

オン

影響なし

影響なし

影響なし

オフ

TLC プロファイル

オン

影響なし

影響なし

影響なし

オフ

コード生成時に TLC デバッガーを実行

オン

影響なし

影響なし

影響なし

オフ

コード生成時に TLC カバレッジを実行

オン

影響なし

影響なし

影響なし

オフ

TLC アサーションを有効にする

オン

影響なし

影響なし

推奨なし

オフ

[コード生成] ペインへのアプリケーション要件のマッピング: [レポート] タブ

コンフィギュレーション パラメーターコード作成の設定出荷時の既定の設定
デバッグトレーサビリティ効率性安全対策

コード生成レポートを作成

オン

オン

影響なし

推奨なし

オフ

レポートを自動的に開く

オン

オン

影響なし

影響なし

オフ

[コード生成] ペインへのアプリケーション要件のマッピング: [コメント] タブ

コンフィギュレーション パラメーターコード作成の設定出荷時の既定の設定
デバッグトレーサビリティ効率性安全対策

コメントを含める

オン

オン

影響なし

推奨なし

オン

Simulink ブロックのコメント

オン

オン

影響なし

推奨なし

オン

Stateflow オブジェクトのコメント

オン

オン

影響なし

推奨なし

オフ

消去されたブロックを表示

オン

オン

影響なし

推奨なし

オン

''Model default'' ストレージ クラスに対する詳細なコメント

オン

オン

影響なし

推奨なし

オン

Operator annotations (Embedded Coder)

影響なし

オン

影響なし

推奨なし

オン

[コード生成] ペインへのアプリケーション要件のマッピング: [Identifier] タブ

コンフィギュレーション パラメーターコード作成の設定出荷時の既定の設定
デバッグトレーサビリティ効率性安全対策

識別子の最大の長さ

有効な値

>30

影響なし

>30

31

シミュレーション ターゲットと同じ予約名を使用

影響なし

影響なし

影響なし

影響なし

オフ

予約名

影響なし

影響なし

影響なし

影響なし

{}

[コード生成] ペインへのアプリケーション要件のマッピング: [カスタム コード] タブ

コンフィギュレーション パラメーターコード作成の設定出荷時の既定の設定
デバッグトレーサビリティ効率性安全対策

シミュレーション ターゲットと同じカスタム コードの設定を使用

影響なし

影響なし

影響なし

影響なし

オフ

ソース ファイル

影響なし

影響なし

影響なし

影響なし

''

ヘッダー ファイル

影響なし

影響なし

影響なし

影響なし

''

初期化関数

影響なし

影響なし

影響なし

影響なし

''

終了関数

影響なし

影響なし

影響なし

影響なし

''

インクルード ディレクトリ

影響なし

影響なし

影響なし

影響なし

''

ソース ファイル

影響なし

影響なし

影響なし

影響なし

''

ライブラリ

影響なし

影響なし

影響なし

影響なし

''

定義

影響なし

影響なし

影響なし

影響なし

''

[コード生成] ペインへのアプリケーション要件のマッピング: [インターフェイス] タブ

コンフィギュレーション パラメーターコード作成の設定出荷時の既定の設定
デバッグトレーサビリティ効率性安全対策

標準の数学ライブラリ

影響なし

影響なし

有効なライブラリ

影響なし

C99 (ISO)

コード置換ライブラリ

影響なし

影響なし

有効なライブラリ

影響なし

None

共有コードの配置

共有場所 (GRT)

影響なし (ERT)

共有場所 (GRT)

影響なし (ERT)

影響なし (実行、RAM)

Shared location (ROM)

影響なし

Auto

サポート: 非有限数

影響なし

影響なし

オフ (実行、ROM)

影響なし (RAM)

推奨なし

オン

コード インターフェイスのパッケージ化

影響なし

影響なし

[再利用可能な関数] または [C++ class]

影響なし

[言語][C] に設定されている場合は [再利用できない関数][言語][C++] に設定されている場合は [C++ クラス]

マルチインスタンス コードのエラーの診断

[警告] または [エラー]

影響なし

なし

影響なし

エラー

クラシック コール インターフェイス

影響なし

オフ

オフ (実行、ROM)、影響なし (RAM)

推奨なし

オフ (ただし、R2012a より前に作成された GRT モデルではオン)

1 つの出力/更新関数

オン

オン

オン

推奨なし

オン

MAT ファイルのログ

オン

影響なし

オフ

オフ

オン (GRT)

オフ (ERT)

MAT-file variable name modifier (Embedded Coder)

影響なし

影響なし

影響なし

影響なし

rt_

C API の生成: 信号

影響なし

影響なし

影響なし

影響なし (開発)

オフ (量産)

オフ

C API の生成: パラメーター

影響なし

影響なし

影響なし

影響なし (開発)

オフ (量産)

オフ

C API の生成: 状態

影響なし

影響なし

影響なし

影響なし (開発)

オフ (量産)

オフ

C API の生成: ルートレベル I/O

影響なし

影響なし

影響なし

影響なし (開発)

オフ (量産)

オフ

ASAP2 インターフェイス

影響なし

影響なし

影響なし

影響なし (開発)

オフ (量産)

オフ

エクスターナル モード

影響なし

影響なし

影響なし

影響なし (開発)

オフ (量産)

オフ

トランスポート層

影響なし

影響なし

影響なし

影響なし

tcpip

MEX ファイルの引数

影響なし

影響なし

影響なし

影響なし

''

静的なメモリ割り当て

影響なし

影響なし

影響なし

影響なし

オフ

静的なメモリ バッファー サイズ

影響なし

影響なし

影響なし

影響なし

1000000