Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

識別子の "rt" 接頭辞

説明

Simulink® のオブジェクト名 (パラメーター、ブロック、または信号の名前) が rt で始まる場合にコード生成時に行う診断アクションを選択します。

カテゴリ: 診断

設定

既定の設定: エラー

なし

Simulink ソフトウェアはいかなるアクションも実行しません。

警告

Simulink ソフトウェアが警告を表示します。

エラー

Simulink ソフトウェアはシミュレーションを終了し、エラー メッセージを表示します。

ヒント

  • 既定の設定 (エラー) を使用すると、rt で始まる Simulink オブジェクト名 (パラメーター、ブロック、または信号の名前) が検出された場合に、コード生成がエラーと共に終了します。

  • これは、名前が rt で始まる識別子が生成された場合に、この識別子との意図せぬ衝突を防ぐためです。

コマンド ライン情報

パラメーター: RTPrefix
値: 'none' | 'warning' | 'error'
既定の設定: 'error'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策エラー

関連するトピック