Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

信号の関連付け

説明

モデルが信号および状態を Simulink.Signal オブジェクトに関連付ける方法を選択します。詳細については、明示的または暗黙的な記号関連付けを参照してください。

カテゴリ: 診断

設定

既定の設定: 明示的のみ

なし

信号の関連付けを実行しません。モデル内の信号、状態、Stateflow® データおよび MATLAB Function ブロック データはいずれも Simulink.Signal オブジェクトに関連付けることはできません。

この設定は、Simulink.Signal オブジェクトの作成によって定義されるデータ ストアには影響しません (Data Store Memory ブロックは使用しません)。

明示的のみ

信号の暗黙的な関連付けを実行しません。明示的に指定された信号の関連付けのみが行われます。これは推奨設定です。

明示的と暗黙的

可能な場合は暗黙的な信号の関連付けを実行して、暗黙的な関連付けに関する警告を発生させません。

明示的と暗黙的で警告

可能な場合は暗黙的な信号の関連付けを実行して、暗黙的な関連付けを行うたびにそれに関する警告を発生させます。

ヒント

  • ワークスペースおよびデータ ディクショナリの変数およびオブジェクトに対するモデルの依存度を削減することで、モデルの移植性、可読性およびメンテナンスの容易さを向上させるには、[なし] を使用します。

    この設定を使用する場合、(たとえば、モデル データ エディターまたは [信号プロパティ] ダイアログ ボックスで) ブロック パラメーターおよび信号プロパティを使用することで、設計属性を既存の Simulink.Signal オブジェクトからモデルに移行します。

  • 信号の明示的な関連付けを指定するには、[信号プロパティ] ダイアログ ボックス ([信号プロパティ] ダイアログ ボックスを参照) を使用します。

  • 明示的な関連付けを離散状態に対して指定するには、離散状態をもつブロック (Discrete-Time Integratorブロックなど) のダイアログ ボックスにある [状態属性] ペインを使用します。

  • 複数の信号が同じ信号オブジェクトに関連付けられ、そのオブジェクトによって指定されるプロパティをもつ場合もあります。ただし、信号オブジェクトは Auto または Reusable 以外のストレージ クラスを使用できません。

  • 暗黙的な関連付けはパフォーマンスを低下させ、モデルの検証を複雑にし、予測不可能な影響があるため、MathWorks® では高速プロトタイプを除いては暗黙的な信号関連付けの使用はお勧めしていません。

  • Simulink® ソフトウェアには関数 disableimplicitsignalresolution が用意されています。この関数を使用すると、暗黙的な信号の関連付けを使用しないようにモデル全体で設定を変更できます。

コマンド ライン情報

パラメーター: SignalResolutionControl
値: 'None' | 'UseLocalSettings' | 'TryResolveAll' | 'TryResolveAllWithWarning'
既定の設定: 'UseLocalSettings'
SignalResolutionControl同等の信号の関連付け値
'None'なし
'UseLocalSettings'明示的のみ
'TryResolveAll'明示的と暗黙的
'TryResolveAllWithWarning'明示的と暗黙的で警告

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ[明示的のみ] または [なし]
トレーサビリティ[明示的のみ] または [なし]
効率性[明示的のみ] または [なし]
安全対策明示的のみ

参考

関連するトピック