Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

言語

説明

C または C++ コード生成を指定します。

カテゴリ: コード生成

設定

既定の設定: C

C

C コードを生成し、生成されたファイルをビルド フォルダーに配置します。

C++

C++ コードを生成し、生成されたファイルをビルド フォルダーに配置します。

[コード生成][インターフェイス] ペインで、[コード インターフェイスのパッケージ化] パラメーターを [C++ クラス] に追加で設定した場合、ビルドではモデル コードへの C++ クラス インターフェイスが生成されます。生成されたインターフェイスは必要なモデル データを C++ クラスの属性にカプセル化し、モデル エントリ ポイント関数を C++ クラスのメソッドにカプセル化します。

[コード インターフェイスのパッケージ化][C++ クラス] 以外の値に設定した場合、ビルドでは extern "C" リンク命令で囲まれたモデル インターフェイスを含む C++ と互換性のある .cpp ファイルが生成されます。

システムをビルドする前に、コンパイラを使用するために Simulink® Coder™ ソフトウェアの構成が必要な場合もあります。

依存関係

[C++] を選択すると [コード生成][インターフェイス] ペインで [コード インターフェイスのパッケージ化] パラメーターの [C++ クラス] の値が有効になり選択されます。

コマンド ライン情報

パラメーター: TargetLang
型: 文字ベクトル
値: 'C' | 'C++'
既定の設定: 'C'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策影響なし

関連するトピック