Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

オーバーフロー時にラップ

説明

信号の値がその信号のデータ型をオーバーフローしてラップ アラウンドされる場合に行う診断アクションを選択します。

カテゴリ: 診断

設定

既定の設定: 警告

なし

Simulink® ソフトウェアはいかなるアクションも実行しません。

警告

Simulink ソフトウェアが警告を表示します。

エラー

Simulink ソフトウェアはシミュレーションを終了し、エラー メッセージを表示します。

ヒント

  • この診断は、整数と固定小数点のデータ型に対してラップするオーバーフローにのみ適用されます。

  • またこの診断は、浮動小数点データ型を含むすべてのデータ型のゼロ除算について報告します。

  • データ型が double または single の場合の浮動小数点オーバーフロー (InfNaN など) をチェックするには、[Inf または NaN のブロックの出力] 診断を選択します (詳細については、Inf または NaN のブロック出力を参照してください)。

  • アクセラレータ モードで参照されるモデルに対して、[オーバーフロー時にラップ] パラメーター設定を [なし] 以外の値に設定した場合、Simulink はその設定を無視します。

    モデル アドバイザーを使用して、高速シミュレーションの最中に Simulink によってコンフィギュレーション パラメーター設定が変更される参照モデルを特定できます。

    1. Simulink エディターの [モデル化] タブで、[モデル アドバイザー] をクリックし、[OK] をクリックします。

    2. [タスク別] を選択します。

    3. [高速化されたモデル参照シミュレーション中に無視された診断設定をチェック] チェックを実行します。

コマンド ライン情報

パラメーター: IntegerOverflowMsg
値: 'none' | 'warning' | 'error'
既定の設定: 'warning'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ警告
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策エラー

関連するトピック