ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

書き込み後の書き込みを検出

説明

現在のタイム ステップでモデルが 2 度連続してデータ ストアにデータを書き込もうとしたことが検出された場合に行う診断アクションを選択します。

カテゴリ: 診断

設定

既定の設定: ローカル設定を利用

ローカル設定を利用

(モデル ワークスペースで Data Store Memory ブロックまたは Simulink.Signal オブジェクトによって定義される) 各ローカル データ ストアには、ブロックによって指定された設定を使用します。(ベース ワークスペースで Simulink.Signal オブジェクトによって定義される) 各グローバル データ ストアに対しては、この診断を無効にします。

すべて無効

モデルによってアクセスされるすべてのデータ ストアに対してこの診断を無効にします。

警告としてすべて有効

MATLAB® のコマンド ラインに診断を警告として表示します。

エラーとしてすべて有効

シミュレーションを停止して、エラー ダイアログ ボックスに診断を表示します。

メモ

アクセラレータ モードおよびラピッド アクセラレータ モードでのモデル参照シミュレーションの最中に、[書き込み後の書き込みを検出] パラメーターが [警告としてすべて有効][エラーとしてすべて有効] または [ローカル設定を使用] に設定されている場合、Simulink® はこの設定を一時的に [すべて無効] に変更します。

モデル アドバイザーを使用して、高速シミュレーションの最中に Simulink によってコンフィギュレーションがこのパラメーター設定に変更される参照モデルを特定できます。

  1. Simulink エディターで、[解析][モデル アドバイザー] を選択します。

  2. [タスク別] を選択します。

  3. [高速化されたモデル参照シミュレーション中に無視された診断設定をチェック] チェックを実行します。

コマンド ライン情報

パラメーター: WriteAfterWriteMsg
値: 'UseLocalSettings' | 'DisableAll' | 'EnableAllAsWarning' | 'EnableAllAsError'
既定の設定: 'UseLocalSettings'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策エラーとしてすべて有効

参考

関連するトピック