Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

マルチタスク データ ストア

説明

あるタスクがデータの書き込み先として使用している Data Store Memoryブロックから別のタスクがデータを読み取っているときに行う診断アクションを選択します。

カテゴリ: 診断

設定

既定の設定: エラー

なし

Simulink® ソフトウェアはいかなるアクションも実行しません。

警告

Simulink ソフトウェアが警告を表示します。

エラー

Simulink ソフトウェアはシミュレーションを終了し、エラー メッセージを表示します。

ヒント

  • この状況が安全なのは、一方のタスクが他方のタスクを中断できない場合だけです。たとえば、データ ストアがスカラーであり、このストアを更新するためのアトミック コピー操作が書き込みタスクで使用される場合、またはタスクが相互にプリエンプトし合うことがターゲットによって許可されていない場合などがこれに相当します。

  • タスクが相互にプリエンプトすることを防ぐ周期的スケジューラがアプリケーションで使用されているなど、タスクが中断されないことがアプリケーションで実現されている場合にのみ、この診断を必ず無効 (none に設定する) にしてください。

コマンド ライン情報

パラメーター: MultiTaskDSMMsg
値: 'none' | 'warning' | 'error'
既定の設定: 'warning'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策エラー

参考

関連するトピック