Main Content

ガイド付きコード生成

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスおよび Simulink HDL ワークフロー アドバイザーを使用したガイド付きコード生成

Simulink® ツールストリップの [HDL コード] タブ、または [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスを使用して、Simulink モデル向けの HDL コードを UI から生成できます。このダイアログ ボックスで、基本的なフォルダーや言語の選択から、さらに高度な最適化パラメーターまで、各種の HDL コード生成の設定を指定できます。[HDL コード] タブから HDL コードを生成する方法の詳細については、Simulink モデルからの HDL コードの生成を参照してください。

生成されたコードをターゲット デバイスに展開するには、Simulink HDL ワークフロー アドバイザーを使用します。このアドバイザーでは、HDL 互換性のチェックを行うエンドツーエンドのワークフローを実行し、生成されたコードをターゲット デバイスに展開することができます。

関数

hdladvisorHDL ワークフロー アドバイザーの表示
hdlsetupHDL コード生成用のモデル パラメーターの設定
hdlsetuptoolpathFPGA 合成ソフトウェアにアクセスするためのシステム環境の設定

トピック

HDL ワークフロー アドバイザーの使用

[モデル コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの使用