Main Content

HDL コード カバレッジ

生成されたシミュレーター スクリプトで HDL コード カバレッジ フラグを有効または無効にする

モデル コンフィギュレーション ペイン: テスト ベンチ

説明

生成されたシミュレーター スクリプトで HDL コード カバレッジ フラグを有効または無効にします。

このオプションを有効にして、HDL シミュレーションを実行すると、生成されたテスト ベンチに対してコード カバレッジが収集されます。SimulationTool プロパティで HDL シミュレーターを指定します。指定したシミュレーター用のビルドと実行スクリプトが生成されます。

依存関係

選択したシステムが DUT であることを確認してください。このオプションはモデル全体を選択した場合は無効になります。

このオプションは、GenerateCoSimBlock が選択されていて、SimulationTool'Xilinx Vivado Simulator' に設定されている場合は無視されます。

設定

Off (既定の設定) | On
Off

生成されたシミュレーター スクリプトで HDL コード カバレッジ フラグを無効にします。

On

生成されたシミュレーター スクリプトで HDL コード カバレッジ フラグを有効にします。

ヒント

このプロパティを設定するには、hdlset_param または makehdltb を使用します。プロパティの値を表示するには、hdlget_param を使用します。

たとえば、次のいずれかの方法を使用して sfir_fixed モデル内の symmetric_fir サブシステムのテストベンチを生成する際に HDLCodeCoverage プロパティを有効にできます。

  • プロパティを引数として関数 makehdltb に渡す。

    makehdltb('sfir_fixed/symmetric_fir', ... 
                'HDLCodeCoverage','on')
  • hdlset_param を使用すると、モデルにパラメーターを設定してから、makehdltb を使用して HDL コードを生成できる。

    hdlset_param('sfir_fixed','HDLCodeCoverage','on')
    makehdltb('sfir_fixed/symmetric_fir')

推奨設定

推奨なし。

プログラムでの使用

パラメーター: HDLCodeCoverage
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

バージョン履歴

R2017a で導入