Main Content

HDL テスト ベンチ

HDL テスト ベンチの生成を有効または無効にする

モデル コンフィギュレーション ペイン: テスト ベンチ

説明

HDL テスト ベンチの生成を有効または無効にします。

依存関係

選択したシステムが DUT であることを確認してください。このオプションはモデル全体を選択した場合は無効になります。

このチェック ボックスは、[テスト ベンチ] ペインの [設定] セクションのオプションを有効にします。テスト ベンチをビルドおよび実行するスクリプトを生成するには、[シミュレーション ツール] を選択します。

設定

On (既定の設定) | Off
On

HDL テスト ベンチ コードの生成を有効化します。コード ジェネレーターは、Simulink® シミュレーションを実行して入力ベクトルおよび想定される DUT の出力データを取得することで、HDL テスト ベンチを作成します。

このテスト ベンチは、HDL Coder™ がモデルに対して生成する既定のテスト ベンチです。モデルのコードをまだ生成していない場合は、HDL テスト ベンチ生成を実行することでも DUT のコードが生成されます。

[シミュレーション ツール] メニューで HDL シミュレーターを指定します。HDL Coder によって、指定したシミュレーター用のビルドと実行スクリプトが生成されます。

Off

HDL テスト ベンチ コードは生成されません。別のテスト ベンチを使用する場合にこのオプションを使用できます。

ヒント

このプロパティを設定するには、hdlset_param または makehdltb を使用します。プロパティの値を表示するには、hdlget_param を使用します。

たとえば、sfir_fixed/symmetric_fir サブシステムの HDL テスト ベンチを生成するには、DUT を引数として関数 makehdltb に渡します。

makehdltb('sfir_fixed/symmetric_fir')

推奨設定

推奨なし。

プログラムでの使用

パラメーター: GenerateHDLTestBench
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

バージョン履歴

R2012a で導入