Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

half

半精度数値オブジェクトの作成

説明

half コンストラクターを使用して、半精度データ型を数値または変数に割り当てます。半精度データ型は 16 ビット メモリしか占有しませんが、その浮動小数点表現を使って同じサイズの整数データ型または固定小数点データ型よりも広いダイナミック レンジを処理できます。詳細については、浮動小数点数 (Fixed-Point Designer)半精度とは (Fixed-Point Designer)を参照してください。

半精度入力を使用したコード生成をサポートする関数のリストについては、半精度コード生成のサポートを参照してください。

作成

説明

a = half(v) は、v の値を半精度に変換します。

入力引数

すべて展開する

入力配列。スカラー、ベクトル、行列、または多次元配列として指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical
複素数のサポート: あり

オブジェクト関数

以下の関数は、MATLAB® の半精度入力を使用したシミュレーションでサポートされています。半精度入力を使用したコード生成をサポートする関数のリストについては、半精度コード生成のサポート (Fixed-Point Designer)を参照してください。

すべて展開する

abs絶対値と複素数の大きさ
acosラジアン単位の逆余弦
acosh逆双曲線余弦
asinラジアン単位の逆正弦
asinh逆双曲線正弦
atanラジアン単位の逆正接
atan24 象限逆正接
atanh逆双曲線正接
ceil正の無限大方向に丸める
conj複素共役
conv畳み込みおよび多項式乗算
conv22 次元の畳み込み
cos引数の余弦 (単位: ラジアン)
cosh双曲線余弦
cospicos(X*pi) を正確に計算
cumsum累積和
dotドット積
exp指数
expm1x の小さい値の exp(x)-1 を正確に計算
fft高速フーリエ変換
fft22 次元の高速フーリエ変換
fftnN 次元の高速フーリエ変換
fftshiftゼロ周波数成分をスペクトルの中心に移動
fixゼロ方向への丸め
floor負の無限大方向の丸め
fma (Fixed-Point Designer)融合積和演算法を使用した乗算と加算
hypot二乗和の平方根 (斜辺)
ifft逆フーリエ高速変換
ifft22 次元逆高速フーリエ変換
ifftn多次元逆高速フーリエ変換
ifftshift逆ゼロ周波数シフト
imag複素数の虚数部
ldivide配列の左除算
log自然対数
log10常用対数 (10 を底とする)
log1px の小さい値の log(1+x) を正確に計算
log22 を底とした対数と浮動小数点数分解
mean配列の平均値
minus減算
mldividex に対する線形方程式 Ax = B の求解
mod除算後の剰余 (モジュロ演算)
mrdividex に対する線形方程式 xA = B の求解
mtimes行列乗算
plus数値の加算と string の付加
pow10 (Fixed-Point Designer)基数 10 べき乗と半精度数のスケーリング
pow22 を底とする指数と浮動小数点数のスケーリング
power要素単位のべき乗
prod配列要素の積
rdivide配列の右除算
real複素数の実数部
rem除算後の剰余
round最も近い小数または整数への丸め
rsqrt (Fixed-Point Designer)逆数平方根
sign符号関数 (関数 signum)
sinラジアン単位の引数の正弦
sinh双曲線正弦
sinpisin(X*pi) を正確に計算
sqrt平方根
sum配列要素の和
tanラジアン単位の引数の正接
tanh双曲線正接
times乗算
uminus単項マイナス
uplus単項プラス
cast変数を別のデータ型に変換
cellcell 配列
double倍精度配列
eps浮動小数点相対精度
Infすべて Inf 値の配列の作成
int1616 ビット符号付き整数配列
int3232 ビット符号付き整数配列
int6464 ビット符号付き整数配列
int88 ビット符号付き整数配列
isa入力が指定したデータ型であるかどうかを判定
isfloat (Fixed-Point Designer)入力が浮動小数点データ型かどうかを判別
isinteger入力が整数配列かどうかを判別する
islogical入力が logical 配列かどうかを判別
isnanNaN の配列要素の判別
isnumeric入力が数値配列かどうかを判別
isobject入力が MATLAB オブジェクトかどうかを判別
isreal配列で複素数ストレージを使用するかどうかを判別
logical数値を logical に変換
NaNすべて NaN 値の配列の作成
single単精度配列
storedInteger (Fixed-Point Designer)fi オブジェクトの格納整数値
typecast基となるデータを変更せずにデータ型を変換
uint1616 ビット符号なし整数配列
uint3232 ビット符号なし整数配列
uint6464 ビット符号なし整数配列
uint88 ビット符号なし整数配列
allすべての配列要素が非ゼロか true かを判定
and論理 AND を求める
any任意の配列要素が非ゼロかどうかを判断
eq等価性の判定
ge以上かどうかの判別
gtより大きいかどうかの判別
isequal配列の等価性を判別
isequalnNaN の値を等しいものとして配列の等価性を判別
le以下かどうかの判別
Logical Operators: Short-Circuit && ||ショートサーキットを使用した論理演算
lt未満かどうかの判別
ne不等価の判定
not論理 NOT を求める
or論理 OR を求める
cat配列の連結
circshift配列を循環シフト
colonベクトルの作成、配列の添字、および for ループの反復
complex複素数配列の作成
ctranspose複素共役転置
empty指定されたクラスの空の配列を作成
eye単位行列
flip要素の順序の反転
fliplr配列の左右の反転
flipud配列の上下の反転
horzcat異種混合配列の水平連結
iscolumn入力が列ベクトルかどうかを判別
isempty配列が空かどうかを判別
isfinite有限の配列要素の判別
isinf無限の配列要素の判別
ismatrix入力が行列かどうかを判別
isrow入力が行ベクトルかどうかを判別
isscalar入力がスカラーかどうかを判別
issorted配列が並べ替えられているかどうかを判別
isvector入力がベクトルかどうかを判別
length最大の配列の次元の長さ
max配列の最大要素
min配列の最小要素
ndims配列の次元数
numel配列の要素数
onesすべての要素が 1 の配列の作成
permute配列の次元の並べ替え
repelem配列要素のコピーの繰り返し
repmat配列のコピーの繰り返し
reshape配列の形状変更
size配列サイズ
sort配列要素の並べ替え
squeeze長さ 1 の次元の削除
transposeベクトルまたは行列の転置
vertcat異種混合配列の垂直連結
zerosすべての要素が 0 の配列の作成
area2 次元アルファ形状の面積
bar棒グラフ
barh横棒グラフ
fplot式または関数をプロット
lineプリミティブ ラインの作成
plot線形 2 次元プロット
plot33 次元の点またはライン プロット
plotmatrix散布図プロット行列
rgbplotカラーマップのプロット
scatter散布図
scatter33 次元散布図
xlimx 軸の範囲の設定とクエリ
ylimy 軸の範囲の設定とクエリ
zlimz 軸の範囲の設定とクエリ
activations (Deep Learning Toolbox)深層学習ネットワーク層の活性化の計算
classify (Deep Learning Toolbox)学習済み深層学習ニューラル ネットワークを使用したデータの分類
predict (Deep Learning Toolbox)学習済みの自己符号化器を使用した入力の再構成
predictAndUpdateState (Deep Learning Toolbox)Predict responses using a trained recurrent neural network and update the network state

サポートされる関数のリストを表示するには、MATLAB コマンド ウィンドウで次のように入力します。

methods(half(1))

すべて折りたたむ

倍精度数を半精度にキャストするには、関数 half を使用します。

a = half(pi)
a = 

  half

    3.1406

関数 half を使用して、既存の変数を半精度にキャストすることもできます。

v = single(magic(3))
v = 3x3 single matrix

     8     1     6
     3     5     7
     4     9     2

a = half(v)
a = 

  3x3 half matrix

     8     1     6
     3     5     7
     4     9     2

制限

  • 半精度型と logical 型を組み合わせた算術演算はサポートされていません。

  • その他の使用上の注意と制限については、半精度コード生成のサポートを参照してください。

拡張機能

バージョン履歴

R2018b で導入