ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

scatter

説明

scatter(x,y) は、ベクトル x および y で指定された位置に円を表示して散布図を作成します。このタイプのグラフは、バブル プロットとしても知られています。

scatter(x,y,sz) は円のサイズを指定します。各円を同じサイズでプロットするには、スカラーとして sz を指定します。円ごとにサイズを変えてプロットするには、szx および y と同じ長さのベクトルとして指定します。

scatter(x,y,sz,c) は円の色を指定します。すべての円を同じ色でプロットするには、c を 1 つの色名または RGB 3 成分として指定します。異なる色を使用するには、c でベクトルまたは RGB 3 成分から成る 3 列の行列を指定します。

scatter(___,'filled') は円を塗りつぶします。'filled' オプションは、前述の構文のいずれかの入力引数と組み合わせて使用します。

scatter(___,mkr) はマーカーのタイプを指定します。

scatter(___,Name,Value) は、1 つ以上の名前と値のペアの引数を使用して、散布図を変更します。たとえば 'LineWidth',2 はマーカーの輪郭の幅を 2 ポイントに設定します。

scatter(ax,___) は、現在の座標軸ではなく ax で指定された座標軸にプロットします。オプションの ax は、前述の構文のすべての入力引数の組み合わせより前に指定できます。

s = scatter(___) は、Scatter オブジェクトを返します。s は散布図の作成後に変更を加える場合に使用します。

すべて折りたたむ

x を 0 ~ 3π の範囲にある等間隔の 200 個の値として作成します。y をランダム ノイズが含まれる余弦値として作成します。その後、散布図を作成します。

x = linspace(0,3*pi,200);
y = cos(x) + rand(1,200);  
scatter(x,y)

さまざまなサイズの円を使用して散布図を作成します。サイズを平方ポイントで指定します。

x = linspace(0,3*pi,200);
y = cos(x) + rand(1,200);
sz = linspace(1,100,200);
scatter(x,y,sz)

xy および sz の対応する要素によって、各円の位置とサイズが決まります。すべての円を同じサイズでプロットするには、sz を数値スカラーとして指定します。

散布図を作成し、円の色を変更します。

x = linspace(0,3*pi,200);
y = cos(x) + rand(1,200);
c = linspace(1,10,length(x));
scatter(x,y,[],c)

xy および c の対応する要素によって、各円の位置と色が決まります。関数 scatter は、c の要素を現在のカラーマップの色にマッピングします。

散布図を作成し、マーカーを塗りつぶします。scatter ではマーカー エッジの色で各マーカーを塗りつぶします。

x = linspace(0,3*pi,200);
y = cos(x) + rand(1,200);
sz = 25;
c = linspace(1,10,length(x));
scatter(x,y,sz,c,'filled')

x ベクトルと y ベクトルを、ランダム ノイズが含まれる正弦値と余弦値として作成します。その後、140 平方ポイントの菱形のマーカーを使用して散布図を作成します。

theta = linspace(0,2*pi,150);
x = sin(theta) + 0.75*rand(1,150);
y = cos(theta) + 0.75*rand(1,150);  
sz = 140;
scatter(x,y,sz,'d')

x ベクトルと y ベクトルを、ランダム ノイズが含まれる正弦値と余弦値として作成します。散布図を作成してマーカー エッジの色、マーカー面の色およびライン幅を設定します。

theta = linspace(0,2*pi,300);
x = sin(theta) + 0.75*rand(1,300);
y = cos(theta) + 0.75*rand(1,300);  
sz = 40;
scatter(x,y,sz,'MarkerEdgeColor',[0 .5 .5],...
              'MarkerFaceColor',[0 .7 .7],...
              'LineWidth',1.5)

2 つのサブプロットから成る Figure を作成し、各サブプロットに散布図を追加します。下のサブプロットの散布図では、塗りつぶした菱形のマーカーを使用します。

x = linspace(0,3*pi,200);
y = cos(x) + rand(1,200);
ax1 = subplot(2,1,1);
scatter(ax1,x,y)

ax2 = subplot(2,1,2);
scatter(ax2,x,y,'filled','d')

散布図を作成し、scatter series オブジェクト s を返します。

theta = linspace(0,1,500);
x = exp(theta).*sin(100*theta);
y = exp(theta).*cos(100*theta);
s = scatter(x,y);

s を使用して、作成した scatter series のプロパティをクエリおよび設定します。ライン幅を 0.6 ポイントに設定します。マーカー エッジの色を青に設定します。マーカー面の色を RGB 3 成分を使用して設定します。

メモ: R2014b から、プロパティの設定にドット表記を使用できるようになりました。それより前のリリースを使用している場合は、代わりに、関数setset(s,'LineWidth',0.6) のように使用してください。

s.LineWidth = 0.6;
s.MarkerEdgeColor = 'b';
s.MarkerFaceColor = [0 0.5 0.5];

入力引数

すべて折りたたむ

x 値。ベクトルとして指定します。xy は同じ長さのベクトルでなければなりません。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | categorical | datetime | duration

y 値。ベクトルとして指定します。xy は同じ長さのベクトルでなければなりません。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | categorical | datetime | duration

平方ポイント単位のマーカーの大きさ。次のいずれかの形式で指定します。

  • 数値スカラー — すべてのマーカーを同じサイズでプロットします。

  • 行ベクトルまたは列ベクトル — マーカーごとにサイズを変えます。xy および sz の対応する要素によって、各マーカーの位置と大きさが決まります。sz の長さは x および y の長さに等しくなければなりません。

  • [] — 既定の大きさである 36 平方ポイントを使用します。

マーカーの大きさの単位は平方ポイントです。

例: 50

例: [36 25 25 17 46]

マーカーの色。次のいずれかの形式で指定します。

  • RGB 3 成分または色名 — すべてのマーカーを同じ色でプロットします。

  • RGB 3 成分から成る 3 列の行列 — マーカーごとに異なる色を使用します。行列の各行で対応するマーカーの色の RGB 3 成分を指定します。行数は x および y の長さと等しくなければなりません。

  • ベクトル — マーカーごとに異なる色を使用し、c の値を現在のカラーマップの色に線形にマッピングします。c の長さは x および y の長さに等しくなければなりません。座標軸のカラーマップを変更するには関数 colormap を使用します。

    散布図内に 3 つの点がある場合に色をカラーマップ内にインデックスするには、c を 3 要素の列ベクトルとして指定します。

RGB 3 成分は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 成分の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。あるいは、名前を使用して一部の一般的な色を指定できます。次の表に、色の完全名および省略名のオプションと、等価の RGB 3 成分の値を示します。

オプション説明等価の RGB 3 成分
'red' または 'r'[1 0 0]
'green' または 'g'[0 1 0]
'blue' または 'b'[0 0 1]
'yellow' または 'y'[1 1 0]
'magenta' または 'm'マゼンタ[1 0 1]
'cyan' または 'c'シアン[0 1 1]
'white' または 'w'[1 1 1]
'black' または 'k'[0 0 0]

例: 'k'

例: [1 2 3 4]

マーカー タイプ。次の表に挙げる値のいずれかとして指定します。

説明
'o'
'+'プラス記号
'*'アスタリスク
'.'
'x'十字
'square' または 's'正方形
'diamond' または 'd'菱形
'^'上向き三角形
'v'下向き三角形
'>'右向き三角形
'<'左向き三角形
'pentagram' または 'p'星形五角形
'hexagram' または 'h'星形六角形
'none'マーカーなし

マーカーの内部を塗りつぶすオプション。'filled' として指定します。このオプションは、たとえば 'o''square' などの面があるマーカーに使用します。エッジのみを含む面のないマーカー ('+''*''.' および 'x') は描画されません。

'filled' オプションは Scatter オブジェクトの MarkerFaceColor プロパティを 'flat' に、MarkerEdgeColor プロパティを 'none' に設定します。これにより、マーカーのエッジを描画せず、面を描画します。

ターゲット座標軸。Axes オブジェクト、PolarAxes オブジェクト、または GeographicAxes オブジェクトとして指定します。座標軸を指定せず、現在の座標軸が直交座標軸の場合、関数 scatter は現在の座標軸を使用します。極座標軸にプロットするには、最初の入力引数として PolarAxes オブジェクトを指定するか、関数 polarscatter を使用します。地理座標軸にプロットするには、最初の入力引数として GeographicAxes オブジェクトを指定するか、関数 geoscatter を使用します。

名前と値のペアの引数

オプションの Name,Value の引数ペアをコンマ区切りで指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

例: 'MarkerFaceColor','red' は、マーカーの面の色を赤に設定します。

ここでは、Scatter オブジェクトのプロパティの一部だけを紹介しています。完全な一覧については、Scatter のプロパティ を参照してください。

マーカーの輪郭の色。'flat'、RGB 3 成分、16 進数カラー コード、色名、または省略名として指定します。既定値の 'flat' を指定すると、CData プロパティからの色が使用されます。

カスタム色を使用する場合は、RGB 3 成分または 16 進数カラー コードを指定します。

  • RGB 3 成分は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 成分の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。

  • 16 進数カラー コードは、ハッシュ記号 (#) で始まり、3 桁または 6 桁の 0 から F までの範囲の 16 進数が続く文字ベクトルまたは string スカラーです。これらの値では大文字小文字は区別されません。したがって、カラー コード '#FF8800''#ff8800''#F80'、および '#f80' は等価です。

あるいは、名前を使用して一部の一般的な色を指定できます。次の表に、名前の付いた色オプション、等価の RGB 3 成分、および 16 進数カラー コードを示します。

色名省略名RGB 3 成分16 進数カラー コード外観
'red''r'[1 0 0]'#FF0000'

'green''g'[0 1 0]'#00FF00'

'blue''b'[0 0 1]'#0000FF'

'cyan' 'c'[0 1 1]'#00FFFF'

'magenta''m'[1 0 1]'#FF00FF'

'yellow''y'[1 1 0]'#FFFF00'

'black''k'[0 0 0]'#000000'

'white''w'[1 1 1]'#FFFFFF'

'none'該当なし該当なし該当なし色なし

MATLAB® の多くのタイプのプロットで使用されている既定の色の RGB 3 成分および 16 進数カラー コードを次に示します。

RGB 3 成分16 進数カラー コード外観
[0 0.4470 0.7410]'#0072BD'

[0.8500 0.3250 0.0980]'#D95319'

[0.9290 0.6940 0.1250]'#EDB120'

[0.4940 0.1840 0.5560]'#7E2F8E'

[0.4660 0.6740 0.1880]'#77AC30'

[0.3010 0.7450 0.9330]'#4DBEEE'

[0.6350 0.0780 0.1840]'#A2142F'

例: [0.5 0.5 0.5]

例: 'blue'

例: '#D2F9A7'

マーカーの塗りつぶし色。'flat''auto'、RGB 3 成分、16 進数カラー コード、色名、または省略名として指定します。'flat' オプションは CData 値を使用します。'auto' オプションは座標軸の Color プロパティと同じ色を使用します。

カスタム色を使用する場合は、RGB 3 成分または 16 進数カラー コードを指定します。

  • RGB 3 成分は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 成分の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。

  • 16 進数カラー コードは、ハッシュ記号 (#) で始まり、3 桁または 6 桁の 0 から F までの範囲の 16 進数が続く文字ベクトルまたは string スカラーです。これらの値では大文字小文字は区別されません。したがって、カラー コード '#FF8800''#ff8800''#F80'、および '#f80' は等価です。

あるいは、名前を使用して一部の一般的な色を指定できます。次の表に、名前の付いた色オプション、等価の RGB 3 成分、および 16 進数カラー コードを示します。

色名省略名RGB 3 成分16 進数カラー コード外観
'red''r'[1 0 0]'#FF0000'

'green''g'[0 1 0]'#00FF00'

'blue''b'[0 0 1]'#0000FF'

'cyan' 'c'[0 1 1]'#00FFFF'

'magenta''m'[1 0 1]'#FF00FF'

'yellow''y'[1 1 0]'#FFFF00'

'black''k'[0 0 0]'#000000'

'white''w'[1 1 1]'#FFFFFF'

'none'該当なし該当なし該当なし色なし

MATLAB の多くのタイプのプロットで使用されている既定の色の RGB 3 成分および 16 進数カラー コードを次に示します。

RGB 3 成分16 進数カラー コード外観
[0 0.4470 0.7410]'#0072BD'

[0.8500 0.3250 0.0980]'#D95319'

[0.9290 0.6940 0.1250]'#EDB120'

[0.4940 0.1840 0.5560]'#7E2F8E'

[0.4660 0.6740 0.1880]'#77AC30'

[0.3010 0.7450 0.9330]'#4DBEEE'

[0.6350 0.0780 0.1840]'#A2142F'

例: [0.3 0.2 0.1]

例: 'green'

例: '#D2F9A7'

マーカー エッジの幅。ポイント単位の正の値として指定します。

例: 0.75

出力引数

すべて折りたたむ

Scatter オブジェクト。s は散布図の作成後にそれらのプロパティにアクセスして変更する場合に使用します。

拡張機能

R2006a より前に導入