ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

vartype

変数の型による table または timetable の添字

構文

S = vartype(type)

説明

S = vartype(type) は、指定された型の table 変数を選択するための添字を作成します。type 入力引数は、'numeric''float''integer' または 'string' などの関数 isa によって受け入れられる型を指定する文字ベクトルです。また、'cellstr' を指定すると、文字ベクトルの cell 配列を含む変数を選択できます。

たとえば、S = vartype('numeric'); T2 = T1(:,S) は、table T1 からの数値変数のみを含む table として T2 を返します。

すべて折りたたむ

数値変数と string 変数を含むテーブルを作成します。その後、数値変数のみを取得するためのテーブルの添字を作成します。

LastName = string({'Smith';'Johnson';'Williams';'Jones';'Brown'});
Age = [38;43;38;40;49];
Height = [71;69;64;67;64];
Weight = [176;163;131;133;119];
BloodPressure = [124 93; 109 77; 125 83; 117 75; 122 80];
T = table(LastName,Age,Height,Weight,BloodPressure)
T=5×5 table
     LastName     Age    Height    Weight    BloodPressure
    __________    ___    ______    ______    _____________

    "Smith"       38       71       176       124     93  
    "Johnson"     43       69       163       109     77  
    "Williams"    38       64       131       125     83  
    "Jones"       40       67       133       117     75  
    "Brown"       49       64       119       122     80  

関数 vartype を使用して添字を作成します。数値変数のみを含むテーブルを返すため、T の 2 番目の次元に添字を付けます。

S = vartype('numeric');
T2 = T(:,S)
T2=5×4 table
    Age    Height    Weight    BloodPressure
    ___    ______    ______    _____________

    38       71       176       124     93  
    43       69       163       109     77  
    38       64       131       125     83  
    40       67       133       117     75  
    49       64       119       122     80  

関数 isa が受け入れる任意の型の添字を作成できます。T から string 変数を選択します。

S = vartype('string');
T3 = T(:,S)
T3=5×1 table
     LastName 
    __________

    "Smith"   
    "Johnson" 
    "Williams"
    "Jones"   
    "Brown"   

数値変数、string 変数および categorical 変数を含む timetable を作成します。その後、数値変数のみを取得するためのテーブルの添字を作成します。

Date = datetime({'12/18/2015';'12/19/2015';'12/20/2015'});
Temp = [45;33;36];
Pressure = [30.1;29.3;29.7];
Location = string({'Boston';'Boston';'Worcester'});
SensorType = categorical({'S1';'X7';'S1'});
TT = timetable(Date,Temp,Pressure,Location,SensorType)
TT=3×4 timetable
       Date        Temp    Pressure     Location      SensorType
    ___________    ____    ________    ___________    __________

    18-Dec-2015     45       30.1      "Boston"           S1    
    19-Dec-2015     33       29.3      "Boston"           X7    
    20-Dec-2015     36       29.7      "Worcester"        S1    

関数 vartype を使用して添字を作成します。数値変数のみを含む timetable を返すため、TT の 2 番目の次元に添字を付けます。TT2 には、TT の行時間も含まれます。これは、時間によって行が識別されるためです。行時間のベクトルは timetable のプロパティで、変数のプロパティではありません。

S = vartype('numeric');
TT2 = TT(:,S)
TT2=3×2 timetable
       Date        Temp    Pressure
    ___________    ____    ________

    18-Dec-2015     45       30.1  
    19-Dec-2015     33       29.3  
    20-Dec-2015     36       29.7  

入力引数

すべて折りたたむ

table または timetable から選択する変数の型。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。type は関数 isa によって受け入れられる任意の型またはカテゴリとすることができます。また、'cellstr' にすることもできます。

R2016b で導入