Main Content

geoscatter

  • Scatter chart in geographic coordinates

説明

ベクトル データ

geoscatter(lat,lon) は、ベクトル lat および lon で指定された緯度経度位置 (度単位) で、地理座標軸に色付きの円を表示します。latlon は同じサイズでなければなりません。

geoscatter(lat,lon,A) は、A を使用して、各マーカーの面積 (ポイントの 2 乗) を指定します。すべてのマーカーを同じサイズで描画するには、A をスカラーとして指定します。マーカーをさまざまなサイズで描画するには、Alat および lon と同じ長さのベクトルとして指定します。A を設定しない場合、geoscatter は既定のサイズを使用します。

geoscatter(lat,lon,A,C) は、C を使用して各マーカーの色を指定します。

geoscatter(___,'filled') は、マーカーを塗りつぶします。

geoscatter(___,M) は、散布図を作成します。ここで、M は使用するマーカーを指定します。既定では、geoscatter はマーカーとして円を使用します。

テーブル データ

geoscatter(tbl,latvar,lonvar) は、table tbl の変数 latvar および lonvar をプロットします。1 つのデータ セットをプロットするには、latvarlonvar にそれぞれ 1 つの変数を指定します。複数のデータ セットをプロットするには、latvarlonvar、またはその両方に複数の変数を指定します。両方の引数に複数の変数を指定する場合は、同数の変数を指定しなければなりません。(R2022b 以降)

geoscatter(tbl,latvar,lonvar,'filled') は、塗りつぶされた円を使用して、table の指定された変数をプロットします。(R2022b 以降)

追加オプション

geoscatter(gx,___) は、現在の座標軸の代わりに、gx で指定される地理座標軸にプロットします。

geoscatter(___,Name,Value) は、1 つ以上の名前と値の引数を使用して、散布図のプロパティを指定します。このプロパティの設定はすべての散布図に適用されます。

s = geoscatter(___) は、Scatter オブジェクトを返します。オブジェクトを作成した後でそのプロパティを変更するには、S を使用します。

すべて折りたたむ

緯度データと経度データを設定します。

lon = (-170:10:170);
lat = 50 * cosd(3*lon);

各マーカーの面積を制御するデータを定義します。

A = 101 + 100*(sind(2*lon));

各マーカーの色を制御するデータを定義します。

C = cosd(4*lon);

データを地理的散布図にプロットし、マーカーのサイズのデータと色のデータを指定します。マーカーを既定の円ではなく三角形に指定します。

geoscatter(lat,lon,A,C,'^')

R2022b 以降

table のデータをプロットするには、table を関数 geoscatter に渡してプロット対象の変数を指定すると便利です。

郡データを含むファイルをワークスペースに table として読み込みます。table には緯度と経度の座標の各 table 変数 LatitudeLongitude が含まれています。

tbl = readtable("counties.xlsx"); 

緯度と経度の座標を 2 トーンのベースマップにプロットします。Scatter オブジェクトを s として返します。

s = geoscatter(tbl,"Latitude","Longitude");
geobasemap grayland

Marker および MarkerEdgeColor プロパティを設定して、プロットのマーカー スタイルと色を変更します。

s.Marker = "*";
s.MarkerEdgeColor = "m";

Figure contains an axes object. The axes object contains an object of type scatter.

R2022b 以降

table のデータをプロットして色とマーカー サイズをカスタマイズする方法の 1 つとして、ColorVariable プロパティと SizeData プロパティを設定する方法があります。これらのプロパティは、関数 geoscatter を呼び出すときに名前と値の引数として設定するか、後で Scatter オブジェクトに対して設定できます。

たとえば、郡データを含むファイルをワークスペースに table として読み込みます。table には緯度と経度の座標の各 table 変数 LatitudeLongitude が含まれています。

tbl = readtable("counties.xlsx");

塗りつぶされたマーカーを使用して緯度と経度の座標をプロットします。Scatter オブジェクトを s として返します。

s = geoscatter(tbl,"Latitude","Longitude","filled");

Figure contains an axes object. The axes object contains an object of type scatter.

SizeData プロパティを設定してマーカー サイズを 100 ポイントに変更します。

s.SizeData = 100;

ColorVariable プロパティを table 変数に設定して、マーカーの色を変化させます。次に、カラー バーを追加します。

s.ColorVariable = "Population2010";
c = colorbar;
c.Label.String = "County Population in 2010";

Figure contains an axes object. The axes object contains an object of type scatter.

サンプルの緯度データと経度データの座標を指定します。

lon = (-170:10:170);
lat = 50 * cosd(3*lon);

各マーカーの面積を制御するデータを定義します。

A = 101 + 100*(sind(2*lon));

各マーカーの色を制御するデータを定義します。

C = cosd(4*lon);

マーカー サイズのデータ、色のデータ、およびマーカー タイプを指定して、地理的散布図を作成します。その後、ベースマップを変更します。

geoscatter(lat,lon,A,C,'^')
geobasemap colorterrain

Figure contains an axes object. The axes object contains an object of type scatter.

入力引数

すべて折りたたむ

緯度座標 (度単位)。[-90 90] の範囲内の有限の実数値ベクトルとして指定します。ベクトルは埋め込まれた NaN を含むことができます。latlon と同じサイズでなければなりません。

例: [43.0327 38.8921 44.0435]

データ型: single | double

経度座標 (度単位)。有限の実数値ベクトルとして指定します。ベクトルは埋め込まれた NaN を含むことができます。lonlat と同じサイズでなければなりません。

例: [-107.5556 -77.0269 -72.5565]

データ型: single | double

平方ポイント単位のマーカーのサイズ。次のいずれかの形式で指定します。

  • スカラー — 一様なマーカー サイズ。たとえば、A = 100 はすべてのマーカーを 100 平方ポイントの大きさで作成します。

  • ベクトル — データ点ごとに異なるマーカー サイズ。ベクトルは lat および lon と同じ長さでなければなりません。

  • 空の大かっこ [] — 36 平方ポイントの既定のマーカー サイズ。色の入力引数を指定する場合に既定のマーカー サイズを使用するには、このオプションを使用します (geoscatter(lat,lon,[],c) など)。

scatter オブジェクトの SizeData プロパティはマーカー サイズを保存します。

例: 50

例: [36 25 25 17 46]

マーカーの色。次のいずれかの形式で指定します。

  • RGB 3 成分または色名 — すべてのマーカーを同じ色でプロットします。

  • RGB 3 成分から成る 3 列の行列 — マーカーごとに異なる色を使用します。行列の各行で対応するマーカーの色の RGB 3 成分を指定します。行数は lat および lon の長さと等しくなければなりません。

  • ベクトル — マーカーごとに異なる色を使用し、C の値を現在のカラーマップに線形にマッピングします。C の長さは lat および lon の長さと等しくなければなりません。座標軸のカラーマップを変更するには関数 colormap を使用します。

RGB 3 成分は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 成分の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。あるいは、名前を使用して一部の一般的な色を指定できます。次の表に、色の完全名および省略名のオプションと、等価の RGB 3 成分の値を示します。

色名省略名RGB 3 成分外観
"red""r"[1 0 0]

Sample of the color red

"green""g"[0 1 0]

Sample of the color green

"blue""b"[0 0 1]

Sample of the color blue

"cyan" "c"[0 1 1]

Sample of the color cyan

"magenta""m"[1 0 1]

Sample of the color magenta

"yellow""y"[1 1 0]

Sample of the color yellow

"black""k"[0 0 0]

Sample of the color black

"white""w"[1 1 1]

Sample of the color white

マーカーの色を指定する場合、geoscatterScatter オブジェクトの MarkerFaceColor プロパティを 'flat' に設定し、マーカーの色を CData プロパティに保存します。

例: 'green'

例: 'g'

例: [0 1 0]

マーカー記号。次の値のいずれかとして指定します。

マーカー説明結果のマーカー
"o"

Sample of circle marker

"+"プラス記号

Sample of plus sign marker

"*"アスタリスク

Sample of asterisk marker

"."

Sample of point marker

"x"十字

Sample of cross marker

"_"水平線

Sample of horizontal line marker

"|"垂直線

Sample of vertical line marker

"square"正方形

Sample of square marker

"diamond"菱形

Sample of diamond line marker

"^"上向き三角形

Sample of upward-pointing triangle marker

"v"下向き三角形

Sample of downward-pointing triangle marker

">"右向き三角形

Sample of right-pointing triangle marker

"<"左向き三角形

Sample of left-pointing triangle marker

"pentagram"星形五角形

Sample of pentagram marker

"hexagram"星形六角形

Sample of hexagram marker

マーカーの内部を塗りつぶすオプション。'filled' として指定します。このオプションは、たとえば 'o''square' などの面があるマーカーに使用します。

プロットするデータが含まれるソース table。table または timetable として指定します。

緯度座標を含む table 変数。table のインデックス方式の 1 つを使用して指定します。

インデックス方式

変数名:

  • string、文字ベクトル、または cell 配列。

  • pattern オブジェクト。

  • "A" または 'A'A という名前の変数

  • ["A","B"] または {'A','B'}A および B という名前の 2 つの変数

  • "Var"+digitsPattern(1)"Var" の後に数字 1 桁が続く名前の変数

変数インデックス:

  • table 内の変数の位置を参照するインデックス番号。

  • 数値のベクトル。

  • logical ベクトル。通常、このベクトルの長さは変数の数と同じですが、末尾の 0 値や false 値は省略できます。

  • 3 — table の 3 番目の変数

  • [2 3] — table の 2 番目と 3 番目の変数

  • [false false true] — 3 番目の変数

変数の型:

  • 指定した型の変数を選択する vartype 添字。

  • vartype("categorical") — categorical 値を含んでいるすべての変数

変数名に関係なく、プロットの軸ラベルは常に Latitude です。

指定する変数には、single または double 型の数値データが含まれていなければなりません。データは、(–90, 90) の範囲内でなければなりません。

latvarlonvar の両方が複数の変数を指定する場合、変数の数は同じでなければなりません。

例: geoscatter(tbl,["lat1","lat2"],"lon") は、緯度座標用に lat1 および lat2 という名前の table 変数を指定します。

例: geoscatter(tbl,2,"lon") は、緯度座標用に 2 番目の変数を指定します。

例: geoscatter(tbl,vartype("numeric"),"lon") は、緯度座標用にすべての数値変数を指定します。

経度座標を含む table 変数。table のインデックス方式の 1 つを使用して指定します。

インデックス方式

変数名:

  • string、文字ベクトル、または cell 配列。

  • pattern オブジェクト。

  • "A" または 'A'A という名前の変数

  • ["A","B"] または {'A','B'}A および B という名前の 2 つの変数

  • "Var"+digitsPattern(1)"Var" の後に数字 1 桁が続く名前の変数

変数インデックス:

  • table 内の変数の位置を参照するインデックス番号。

  • 数値のベクトル。

  • logical ベクトル。通常、このベクトルの長さは変数の数と同じですが、末尾の 0 値や false 値は省略できます。

  • 3 — table の 3 番目の変数

  • [2 3] — table の 2 番目と 3 番目の変数

  • [false false true] — 3 番目の変数

変数の型:

  • 指定した型の変数を選択する vartype 添字。

  • vartype("categorical") — categorical 値を含んでいるすべての変数

変数名に関係なく、プロットの軸ラベルは常に Longitude です。

指定する変数には、single または double 型の数値データが含まれていなければなりません。

latvarlonvar の両方が複数の変数を指定する場合、変数の数は同じでなければなりません。

例: geoscatter(tbl,"lat",["lon1","lon2"]) は、経度座標用に lon1 および lon2 という名前の table 変数を指定します。

例: geoscatter(tbl,"lat",2) は、経度座標用に 2 番目の変数を指定します。

例: geoscatter(tbl,"lat",vartype("numeric")) は、経度座標用にすべての数値変数を指定します。

親 geographic axes オブジェクト。GeographicAxes オブジェクトとして指定します。 1 プロパティを設定することで GeographicAxes オブジェクトの外観と動作を変更できます。プロパティの一覧については、GeographicAxes のプロパティ を参照してください。

名前と値の引数

引数のオプションのペアを Name1=Value1,...,NameN=ValueN として指定します。ここで Name は引数名で、Value は対応する値です。名前と値の引数は他の引数の後になければなりませんが、ペアの順序は重要ではありません。

R2021a より前では、コンマを使用してそれぞれの名前と値を区切り、Name を引用符で囲みます。

例: geoscatter(lat,lon,'filled','MarkerFaceAlpha',.5) は、塗りつぶされた半透明のマーカーを作成します。

ここでは、scatter オブジェクトのプロパティの一部だけを紹介しています。完全な一覧については、Scatter のプロパティ を参照してください。

マーカー記号。次のオプションのいずれかとして指定します。

マーカー説明結果のマーカー
"o"

Sample of circle marker

"+"プラス記号

Sample of plus sign marker

"*"アスタリスク

Sample of asterisk marker

"."

Sample of point marker

"x"十字

Sample of cross marker

"_"水平線

Sample of horizontal line marker

"|"垂直線

Sample of vertical line marker

"square"正方形

Sample of square marker

"diamond"菱形

Sample of diamond line marker

"^"上向き三角形

Sample of upward-pointing triangle marker

"v"下向き三角形

Sample of downward-pointing triangle marker

">"右向き三角形

Sample of right-pointing triangle marker

"<"左向き三角形

Sample of left-pointing triangle marker

"pentagram"星形五角形

Sample of pentagram marker

"hexagram"星形六角形

Sample of hexagram marker

"none"マーカーなし該当なし

マーカーの輪郭の色。"flat"、RGB 3 成分、16 進数カラー コード、色名、または省略名として指定します。既定値 "flat" では、CData プロパティからの色が使用されます。

カスタム色を使用する場合は、RGB 3 成分または 16 進数カラー コードを指定します。

  • RGB 3 成分は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 成分の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。

  • 16 進数カラー コードは、ハッシュ記号 (#) で始まり、3 桁または 6 桁の 0 から F までの範囲の 16 進数が続く文字ベクトルまたは string スカラーです。これらの値では大文字小文字は区別されません。したがって、カラー コード "#FF8800""#ff8800""#F80"、および "#f80" は等価です。

あるいは、名前を使用して一部の一般的な色を指定できます。次の表に、名前の付いた色オプション、等価の RGB 3 成分、および 16 進数カラー コードを示します。

色名省略名RGB 3 成分16 進数カラー コード外観
"red""r"[1 0 0]"#FF0000"

Sample of the color red

"green""g"[0 1 0]"#00FF00"

Sample of the color green

"blue""b"[0 0 1]"#0000FF"

Sample of the color blue

"cyan" "c"[0 1 1]"#00FFFF"

Sample of the color cyan

"magenta""m"[1 0 1]"#FF00FF"

Sample of the color magenta

"yellow""y"[1 1 0]"#FFFF00"

Sample of the color yellow

"black""k"[0 0 0]"#000000"

Sample of the color black

"white""w"[1 1 1]"#FFFFFF"

Sample of the color white

"none"該当なし該当なし該当なし色なし

MATLAB® の多くのタイプのプロットで使用されている既定の色の RGB 3 成分および 16 進数カラー コードを次に示します。

RGB 3 成分16 進数カラー コード外観
[0 0.4470 0.7410]"#0072BD"

Sample of RGB triplet [0 0.4470 0.7410], which appears as dark blue

[0.8500 0.3250 0.0980]"#D95319"

Sample of RGB triplet [0.8500 0.3250 0.0980], which appears as dark orange

[0.9290 0.6940 0.1250]"#EDB120"

Sample of RGB triplet [0.9290 0.6940 0.1250], which appears as dark yellow

[0.4940 0.1840 0.5560]"#7E2F8E"

Sample of RGB triplet [0.4940 0.1840 0.5560], which appears as dark purple

[0.4660 0.6740 0.1880]"#77AC30"

Sample of RGB triplet [0.4660 0.6740 0.1880], which appears as medium green

[0.3010 0.7450 0.9330]"#4DBEEE"

Sample of RGB triplet [0.3010 0.7450 0.9330], which appears as light blue

[0.6350 0.0780 0.1840]"#A2142F"

Sample of RGB triplet [0.6350 0.0780 0.1840], which appears as dark red

例: [0.5 0.5 0.5]

例: "blue"

例: "#D2F9A7"

マーカーの塗りつぶし色。"flat""auto"、RGB 3 成分、16 進数カラー コード、色名、または省略名として指定します。"flat" オプションでは CData 値が使用されます。"auto" オプションでは、座標軸の Color プロパティと同じ色が使用されます。

カスタム色を使用する場合は、RGB 3 成分または 16 進数カラー コードを指定します。

  • RGB 3 成分は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 成分の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。

  • 16 進数カラー コードは、ハッシュ記号 (#) で始まり、3 桁または 6 桁の 0 から F までの範囲の 16 進数が続く文字ベクトルまたは string スカラーです。これらの値では大文字小文字は区別されません。したがって、カラー コード "#FF8800""#ff8800""#F80"、および "#f80" は等価です。

あるいは、名前を使用して一部の一般的な色を指定できます。次の表に、名前の付いた色オプション、等価の RGB 3 成分、および 16 進数カラー コードを示します。

色名省略名RGB 3 成分16 進数カラー コード外観
"red""r"[1 0 0]"#FF0000"

Sample of the color red

"green""g"[0 1 0]"#00FF00"

Sample of the color green

"blue""b"[0 0 1]"#0000FF"

Sample of the color blue

"cyan" "c"[0 1 1]"#00FFFF"

Sample of the color cyan

"magenta""m"[1 0 1]"#FF00FF"

Sample of the color magenta

"yellow""y"[1 1 0]"#FFFF00"

Sample of the color yellow

"black""k"[0 0 0]"#000000"

Sample of the color black

"white""w"[1 1 1]"#FFFFFF"

Sample of the color white

"none"該当なし該当なし該当なし色なし

MATLAB の多くのタイプのプロットで使用されている既定の色の RGB 3 成分および 16 進数カラー コードを次に示します。

RGB 3 成分16 進数カラー コード外観
[0 0.4470 0.7410]"#0072BD"

Sample of RGB triplet [0 0.4470 0.7410], which appears as dark blue

[0.8500 0.3250 0.0980]"#D95319"

Sample of RGB triplet [0.8500 0.3250 0.0980], which appears as dark orange

[0.9290 0.6940 0.1250]"#EDB120"

Sample of RGB triplet [0.9290 0.6940 0.1250], which appears as dark yellow

[0.4940 0.1840 0.5560]"#7E2F8E"

Sample of RGB triplet [0.4940 0.1840 0.5560], which appears as dark purple

[0.4660 0.6740 0.1880]"#77AC30"

Sample of RGB triplet [0.4660 0.6740 0.1880], which appears as medium green

[0.3010 0.7450 0.9330]"#4DBEEE"

Sample of RGB triplet [0.3010 0.7450 0.9330], which appears as light blue

[0.6350 0.0780 0.1840]"#A2142F"

Sample of RGB triplet [0.6350 0.0780 0.1840], which appears as dark red

例: [0.3 0.2 0.1]

例: "green"

例: "#D2F9A7"

マーカー エッジの幅。ポイント単位の正の値として指定します。

例: 0.75

出力引数

すべて折りたたむ

地理的散布図。Scatter オブジェクトとして返されます。地理的散布図の作成後にプロパティにアクセスして変更するには、s を使用します。

ヒント

  • scatter オブジェクトを含む地理座標軸をカスタマイズするには、gx = s.Parent でオブジェクトの親を取得し、プロパティを編集します。プロパティの一覧については、GeographicAxes のプロパティ を参照してください。

  • Mapping Toolbox™ をお持ちの場合、関数 addCustomBasemap を使用して独自のベースマップを指定できます。

  • 地理座標軸上でプロットする場合、関数 geoscatter では、座標は WGS84 座標参照系を基準とすると仮定します。別の座標参照系を基準とする座標を使用してプロットすると、座標がずれて表示される可能性があります。

バージョン履歴

R2018b で導入

すべて展開する


1 Alignment of boundaries and region labels are a presentation of the feature provided by the data vendors and do not imply endorsement by MathWorks®.