ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

geobubble

特定の地理的位置のデータ値を可視化

構文

gb = geobubble(tbl,latvar,lonvar)
gb = geobubble(tbl,latvar,lonvar,Name,Value)
gb = geobubble(lat,lon)
gb = geobubble(lat,lon,sizedata)
gb = geobubble(lat,lon,sizedata,colordata)
gb = geobubble(___,Name,Value)
gb = geobubble(parent,___)

説明

gb = geobubble(tbl,latvar,lonvar) は、table tbl で指定したマップ上の地理的位置に塗りつぶされた円 ("バブル") を表示する地理バブル チャートを作成します。latvar はバブルの緯度を指定する table 変数 (列) を識別します。lonvar はバブルの経度を指定する table 変数を識別します。既定では、すべてのバブルのサイズと色は同じです。この関数は GeographicBubbleChart オブジェクト gb を返します。このオブジェクトを変更するには、GeographicBubbleChart のプロパティ で説明するプロパティを使用します。

地理バブル チャートは、"ベースマップ" と呼ばれるマップ上にデータを表示します。最初に、このチャートはすべてのデータを含むチャートの地理的範囲を設定します。このマップは "ライブ" です。つまり、ベースマップをパンして他の地理的位置を表示できます。マップをズーム インおよびズーム アウトして、領域をより詳細に表示することもできます。パンおよびズームによりチャートでマップが更新されます。地理バブル チャートベースマップの詳細については、地理バブル チャートの概要を参照してください。

gb = geobubble(tbl,latvar,lonvar,Name,Value) は、1 つ以上の名前と値のペアの引数で指定された追加のオプションを使用して、地理バブル チャートのプロパティ値を設定します。2 つの主なプロパティは 'SizeVariable''ColorVariable' で、バブルのサイズと色を決定する table 変数を指定します。

gb = geobubble(lat,lon) は地理バブル チャートを作成します。ここで、latlon は地理的位置を指定します。既定では、すべてのバブルのサイズと色は同じです。

gb = geobubble(lat,lon,sizedata) は、sizedata の数値に応じてバブルの領域をスケーリングします。

gb = geobubble(lat,lon,sizedata,colordata) は、colordata 内の categorical データを使用してバブルの色を決定します。geobubblecolordata の各カテゴリの色を選択し、さらに colordata のいずれかの要素が未定義の場合は追加の 1 色を選択します。色は、標準 7 色の順序付きリストから取得されます。カテゴリが 7 つより多い (未定義の値がある場合は 6 つより多い) 場合、色は循環的に繰り返されます。

gb = geobubble(___,Name,Value) は、1 つ以上の名前と値のペアの引数を使用して、地理バブル チャートの追加のオプションを指定します。オプションは他のすべての入力引数の後に指定します。プロパティの一覧については、GeographicBubbleChart のプロパティ を参照してください。

gb = geobubble(parent,___) は、parent で指定された Figure、パネル、またはタブに地理バブル チャートを作成します。

すべて折りたたむ

津波に関するデータを table としてワークスペースに読み取ります。行は個別の津波の発生を示します。列は個別の津波に関する一連の変数のデータを表し、位置 (緯度と経度)、原因、波の高さなどが含まれます。

tsunamis = readtable('tsunamis.xlsx');

いずれかの table 変数を categorical 変数に変換して、バブルの色を指定します。変数 Cause は、'Earthquake'、'Volcano''Earthquake and Landslide' などの各津波の原因の属性です。変数 Cause を、文字ベクトルの cell 配列から categorical 変数に変換します。

tsunamis.Cause = categorical(tsunamis.Cause);

マップ上に津波の位置をプロットする地理バブル チャートを作成します。位置情報 Latitude および Longitude を保持する table 変数名を指定します。table 変数 MaxHeight を使用して、バブルのサイズを指定します。この例では、先ほど変換された categorical 変数 Cause を使用して、バブルの色を指定します。

gb = geobubble(tsunamis,'Latitude','Longitude', ...
    'SizeVariable','MaxHeight','ColorVariable','Cause')

gb = 
  GeographicBubbleChart with properties:

              Basemap: 'darkwater'
            MapLayout: 'normal'
          SourceTable: [162x20 table]
     LatitudeVariable: 'Latitude'
    LongitudeVariable: 'Longitude'
         SizeVariable: 'MaxHeight'
        ColorVariable: 'Cause'

  Show all properties

津波に関するデータを table としてワークスペースに読み取ります。行は個別の津波の発生を示します。列は個別の津波に関する一連の変数のデータを表し、位置 (緯度と経度)、原因、波の高さなどが含まれます。

tsunamis = readtable('tsunamis.xlsx');

マップ上に津波の位置をプロットする地理バブル チャートを作成します。変数 MaxHeight のデータを使用して、バブルのサイズを指定します。この例では、このデータを直接 geobubble に渡します。あるいは、geobubble に table 名を渡してから、table 変数名によってデータを指定することもできます。

gb = geobubble(tsunamis.Latitude,tsunamis.Longitude,tsunamis.MaxHeight)

gb = 
  GeographicBubbleChart with properties:

          Basemap: 'darkwater'
        MapLayout: 'normal'
     LatitudeData: [162x1 double]
    LongitudeData: [162x1 double]
         SizeData: [162x1 double]
        ColorData: []

  Show all properties

津波に関するデータを table としてワークスペースに読み取ります。行は個別の津波の発生を示します。列は個別の津波の原因など、それぞれの発生に関するデータを示します。

tsunamis = readtable('tsunamis.xlsx');

バブルの色を制御するデータは categorical 変数でなければならないため、categorical 変数を作成します。津波の table 変数 Cause は、次の 7 つの基準で津波を既に分類しています。地震、地震と地滑り、噴火、噴火と地滑り、地滑り、気象上の原因、不明の原因。変数 Cause のデータを categorical 変数に挿入します。

cause = categorical(tsunamis.Cause);

マップ上に津波の位置をプロットする地理バブル チャートを作成します。バブルのサイズを使用して波のサイズを示し、バブルの色を使用して原因を示します。データを含む table 変数名を指定する代わりにそのデータを渡した場合、geobubble はサイズと色の凡例にタイトルを自動的に追加しません。

gb = geobubble(tsunamis.Latitude,tsunamis.Longitude,tsunamis.MaxHeight,cause)

gb = 
  GeographicBubbleChart with properties:

          Basemap: 'darkwater'
        MapLayout: 'normal'
     LatitudeData: [162x1 double]
    LongitudeData: [162x1 double]
         SizeData: [162x1 double]
        ColorData: [162x1 categorical]

  Show all properties

津波に関するデータを table としてワークスペースに読み取ります。行は個別の津波の発生を示します。列は個別の津波に関する一連の変数のデータを表し、位置 (緯度と経度)、原因、波の最大高さなどが含まれます。

tsunamis = readtable('tsunamis.xlsx');

いずれかの table 変数を categorical 変数に変換して、バブルの色を指定します。変数 Cause は、'Earthquake''Volcano''Earthquake and Landslide' などの各津波の原因の属性です。変数 Cause を、文字ベクトルの cell 配列から categorical 変数に変換します。

colordata = categorical(tsunamis.Cause);

マップ上に津波の位置をプロットする地理バブル チャートを作成します。バブルのサイズを使用して波のサイズを示し、バブルの色を使用して津波の原因を示します。また、名前と値のペアの引数を使用してベースマップとそのタイトルを設定します。

gb = geobubble(tsunamis.Latitude,tsunamis.Longitude,tsunamis.MaxHeight,colordata,'Title','Tsunamis')

gb = 
  GeographicBubbleChart with properties:

          Basemap: 'darkwater'
        MapLayout: 'normal'
     LatitudeData: [162x1 double]
    LongitudeData: [162x1 double]
         SizeData: [162x1 double]
        ColorData: [162x1 categorical]

  Show all properties

地理バブル チャートのプロパティを使用して、チャートを変更します。たとえば、サイズと色の凡例にタイトルを追加します (table を引数として指定した場合、geobubble は table 変数名を使用して凡例のタイトルを自動的に追加)。

gb.SizeLegendTitle = 'Max Height';
gb.ColorLegendTitle = 'Cause'

gb = 
  GeographicBubbleChart with properties:

          Basemap: 'darkwater'
        MapLayout: 'normal'
     LatitudeData: [162x1 double]
    LongitudeData: [162x1 double]
         SizeData: [162x1 double]
        ColorData: [162x1 categorical]

  Show all properties

入力引数

すべて折りたたむ

プロットするデータを含む table。table または timetable として指定します。関数 readtable を使用してデータを table としてインポートできます。また、関数 table を使用してワークスペース変数から table を作成できます。関数 timetable を使用してワークスペース変数から timetable を作成できます。

GeographicBubbleChart オブジェクトの SourceTable プロパティに、プロットするデータを含む table が格納されます。

データ型: table

緯度の table 変数。次のいずれかの形式で指定します。

  • いずれかの table 変数名を指定する string スカラーまたは文字ベクトル。たとえば、geobubble(tbl,'Latitude','Longitude')latvar として 'Latitude' という名前の変数を選択します。

  • table 変数のインデックスを示す数値スカラー。たとえば、geobubble(tbl,1,2) は table の最初の変数を緯度として選択します。

  • 1 つの true 要素を含む論理ベクトル。

選択された変数は、GeographicBubbleChart オブジェクトの LatitudeVariable プロパティに格納されます。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical | char | string

経度の table 変数。次のいずれかの形式で指定します。

  • いずれかの table 変数名を指定する string スカラーまたは文字ベクトル。たとえば、geobubble(tbl,'Latitude','Longitude')lonvar として 'Longitude' という名前の変数を選択します。

  • table 変数のインデックスを示す数値スカラー。たとえば、geobubble(tbl,1,2) は table 内の 2 番目の変数を経度として選択します。

  • 1 つの true 要素を含む論理ベクトル。

選択された変数は、GeographicBubbleChart オブジェクトの LongitudeVariable プロパティに格納されます。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical | char | string

緯度座標 (度単位)。[-90 90] の範囲内の有限の実数値ベクトルとして指定します。ベクトルは埋め込まれた NaN を含むことができます。latlon と同じサイズでなければなりません。

例: [43.0327 38.8921 44.0435]

データ型: single | double

経度座標 (度単位)。有限の実数値ベクトルとして指定します。ベクトルは埋め込まれた NaN を含むことができます。lonlat と同じサイズでなければなりません。

例: [-107.5556 -77.0269 -72.5565]

データ型: single | double

バブルのサイズを決定するデータ。有限の実数値ベクトルまたは有限の実数値スカラー、あるいは空の ([]) 配列として指定します。ベクトルを指定する場合、sizedatalat および lon と同じサイズでなければなりません。スカラー値を指定する場合、地理バブル チャートはスカラー拡張を使用して値を扱います。sizedata には NaN を含めることができます。

例: [99 133 150]

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

バブルの色を決定するデータ カテゴリ。categorical 変数として指定します。通常、カテゴリはデータが分類されるビンです。

データ型: categorical

地理バブル チャートをプロットする対象の親コンテナー。figure オブジェクト、panel オブジェクト、または tab オブジェクトとして指定します。

名前と値のペアの引数

オプションの Name,Value の引数ペアをコンマ区切りで指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

例: p = geobubble(tbl,latvar,lonvar,'SizeVariable','MaxHeight','ColorVariable','Cause')

メモ

ここでは、よく使用される地理バブル チャートのプロパティだけを紹介しています。完全な一覧については、GeographicBubbleChart のプロパティ を参照してください。

データがプロットされるマップ。次の表内の string スカラーまたは文字ベクトルのいずれか、または 'none' として指定します。既定では、地理座標軸は製品と共にインストールされた 'darkwater' ベースマップを使用します。他のいずれかのベースマップを選択する場合、地理座標軸はインターネット経由でマップにアクセスします。MathWorks® は、これらのベースマップをホストします。インターネットへの安定したアクセスがない場合、これらのベースマップをローカル システムにダウンロードできます。ベースマップのダウンロードの詳細については、MATLAB でのベースマップへのアクセスを参照してください。'none' を指定した場合、地理座標軸は緯度経度グリッド、目盛り、ラベルを使用してデータをプロットしますが、マップは含まれません。

ベースマップ

2 トーン ベースマップ説明ナチュラル アース ベースマップ説明

'darkwater' (既定)

陸域: ライト グレーから中間グレー

海域および水域: ダーク グレー

'colorterrain'

土地被覆パレットとブレンドされた影付き起伏マップ。高湿度の低地は緑、乾燥した低地は茶。

'grayland'

陸域: ライト グレーから中間グレーの陸地

海域および水域: 白

'grayterrain'

高山、および低地にある小地形の両方を強調する影付き起伏を組み合わせ、グレーの階調でモノクロ表現された世界の地形。

'bluegreen'

陸域: 薄い緑

海域および水域: 薄い青

'landcover'

衛星データから得られた土地被覆データと影付き起伏 (海底起伏を含む)。主題マップや参照マップの作成に適した明るくナチュラルなパレットを使用して表現されます。

例: gx = geoaxes(__,'Basemap','bluegreen')

例: gx.Basemap = 'bluegreen'

データ型: char | string

バブルの色の決定に使用する table 変数。次のいずれかの形式で指定します。

  • 色の情報に使用する table 変数名を指定する string スカラーまたは文字ベクトル。たとえば、geobubble(__,'ColorVariable','Cause')'Cause' という名前の変数を指定します。

  • table 変数のインデックスを示す数値スカラー。たとえば、geobubble(__,'ColorVariable',12) は table の 12 番目の変数を指定します。

  • 1 つの true 要素を含む論理ベクトル。たとえば、sizevar = logical([0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1]) は table の 12 番目の変数を指定します。

このプロパティは、table を入力として指定した場合にのみ使用できます。この table 変数に関連付けられた値は、categorical でなければなりません。色の変数を指定した場合、geobubble はこの変数に関連付けられたデータ値を ColorData プロパティに格納し、ColorData プロパティを読み取り専用に設定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical | char | string

マップのレイアウト (はめ込みと装飾を含む)。次のいずれかとして指定します。

説明
'normal'マップは、OuterPosition プロパティの定義に従って、チャートの端からはめ込まれます。座標軸ラベル ('Latitude''Longitude')、目盛りおよび目盛りラベルが表示されます。Title プロパティ値を設定した場合、チャートにはタイトルが含まれます。凡例が存在する場合、マップの右外側に表示されます。
'maximized'マップが OuterPosition プロパティで定義された全空間を埋めます。座標軸ラベル、目盛りおよび目盛りラベルは非表示になります。タイトルは、Title プロパティが設定されている場合でも非表示になります。グリッドは、GridVisible'on' に設定されている場合でも非表示になります。凡例が存在する場合、マップ内の右上隅に表示されます。

例: gb = geobubble(__,'MapLayout','maximized')

例: gb.MapLayout = 'maximized'

データ型: char | string

バブルのサイズの決定に使用する table 変数。次のいずれかの形式で指定します。

  • サイズの情報に使用する table 変数名を指定する string スカラーまたは文字ベクトル。たとえば、geobubble(__,'SizeVariable','MaxHeight')'MaxHeight' という名前の変数を指定します。

  • table 変数のインデックスを示す数値スカラー。たとえば、geobubble(__,'SizeVariable',16) は table の 16 番目の変数を指定します。

  • 1 つの true 要素を含む論理ベクトル。たとえば、sizevar = logical([0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1]) は table の 16 番目の変数を指定します。

このプロパティは、table を入力として指定した場合にのみ使用できます。この table 変数に関連付けられた値は、数値型でなければなりません。この変数を指定した場合、geobubble はこの変数に関連付けられたデータ値を 'SizeData' プロパティに格納し、そのプロパティを読み取り専用に設定します。

出力引数

すべて折りたたむ

地理バブル チャート。GeographicBubbleChart オブジェクトとして返されます。

ヒント

  • プログラムにより地理バブル チャートにフォーカスを移すには、関数 axesaxes(gb) のように使用します。

R2017b で導入