Main Content

地理座標軸とチャートのベースマップへのアクセス

MathWorks® では、地理座標軸およびチャートで使用するために、いくつかのベースマップが提供されています。ベースマップは、2 トーン表示、カラー地形表示、高ズームレベル表示などのさまざまなマップ オプションを備えています。6 つのベースマップは、Natural Earth を使用して作成されたタイル表示のデータセットです。5 つのベースマップは、Esri® によってホストされる高ズームレベルのマップです。ベースマップ オプションの詳細については、geobasemap を参照してください。

地理座標軸またはチャートにベースマップを指定するには、次のいずれかを行うことができます。

  • 関数 geobasemap を使用する。

  • GeographicAxes または GeographicBubbleChart オブジェクトの Basemap プロパティを設定する。

Mapping Toolbox™ 関数 addToolbarMapButton (Mapping Toolbox) を使用して、座標軸ツール バーにベースマップ ピッカーを追加することもできます。

MATLAB® には 1 つのベースマップがインストールされており、これは 'darkwater' という 2 トーン マップです。このベースマップの使用にインターネット アクセスは必要ありません。既定のベースマップ 'streets-light' を含めて、他のベースマップの使用にはインターネット アクセスが必要です。

インターネット経由でベースマップにアクセスできない場合は、プロキシ サーバー設定を確認します。プロキシ サーバー設定の指定の詳細については、プロキシ サーバー設定に対する MATLAB Web 基本設定の使用を参照してください。

信頼性の高いインターネットへのアクセスがない場合、またはマップの応答性向上が求められる場合は、'darkwater' ベースマップを使用してプロットするか、選択したベースマップをローカル システムにダウンロードできます。

地理プロットでの "darkwater" の表示

geoplotgeoscatter などの関数を使ってプロットする際に "darkwater" ベースマップを表示するには、geobasemap を呼び出します。

lat1 = [33.448 29.424 32.716 32.777 37.338];
lon1 = [-112.074 -98.494 -117.161 -96.797 -121.886];
geoscatter(lat1,lon1,"*")
geobasemap darkwater

あるいは、地理座標軸のセットを作成して、名前と値のペア Basemap を指定することができます。

figure
lat2 = [40.713 34.052 41.878 29.760 39.952];
lon2 = [-74.006 -118.244 -87.630 -95.370 -75.165];
geoaxes("Basemap","darkwater")
geoscatter(lat2,lon2,"*")

また、MATLAB セッション中に、geoplotgeoscatter、および geodensityplot で作成されたすべてのプロットの既定のベースマップを変更することもできます。

set(groot,"defaultGeoaxesBasemap","darkwater")

地理バブル チャートでの "darkwater" の表示

地理バブル チャートに "darkwater" を表示するには、名前と値の引数 Basemap を使用して geobubble を呼び出します。

tsunamis = readtable("tsunamis.xlsx");
geobubble(tsunamis,"Latitude","Longitude","Basemap","darkwater")

あるいは、geobasemap を使用してベースマップを指定することができます。

counties = readtable("counties.xlsx");
geobubble(counties,"Latitude","Longitude")
geobasemap darkwater

ベースマップのダウンロード

アドオン エクスプローラーを使用してベースマップをローカル システムにダウンロードします。Esri の提供する 5 つの高ズームレベルのベースマップは、ダウンロードできません。

  1. MATLAB [ホーム] タブの [環境] セクションで、[アドオン]、[アドオンの入手] をクリックします。

  2. アドオン エクスプローラーで [MathWorks オプション機能] セクションまでスクロールし、[すべて表示] をクリックして、ベースマップ パッケージを探します。また、(次の表に示される) 名前でベースマップ アドオンを検索するか、または [タイプでフィルター][オプション機能] をクリックすることもできます。

  3. ダウンロードするベースマップ データ パッケージを選択します。

    ベースマップの名前ベースマップ データ パッケージ名
    'bluegreen'MATLAB Basemap Data - bluegreen
    'grayland'MATLAB Basemap Data - grayland
    'colorterrain'MATLAB Basemap Data - colorterrain
    'grayterrain'MATLAB Basemap Data - grayterrain
    'landcover'MATLAB Basemap Data - landcover

ベースマップのキャッシュ動作

ベースマップにインターネット経由でアクセスする際、MATLAB ではベースマップ タイルを一時的にキャッシュすることでパフォーマンスを向上させます。このキャッシュ動作により、マップ内でパンやズームを行っても、プログラムはそれぞれのタイルを 1 回ダウンロードするだけで済みます。インターネットへの接続が失われても、マップ タイルがローカルに保存されているため、既に表示したマップの各部は引き続き表示できます。

インターネットに接続していない状態で、以前に表示したことがないマップの一部を表示しようとした場合、それら領域のタイルはキャッシュ内にありません。Natural Earth を使用して作成されたベースマップの場合、プログラムは欠落しているタイルを 'darkwater' ベースマップからのタイルに置き換えます。

Esri で提供される高ズームレベルのベースマップの場合、プログラムは限られた数のタイルをキャッシュし、キャッシュされたタイルは一定時間の後に期限切れとなります。キャッシュされていない高ズームレベルのベースマップの領域を表示しようとすると、空白のマップ タイルが表示されます。地理チャートは、これらの欠落したタイルに対し 'darkwater' からのタイルを使用しません。

参考

関数

プロパティ

関連するトピック