Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

geoplot

地理座標にラインをプロット

説明

geoplot(lat,lon) は、ベクトル lat および lon で指定された緯度と経度 (度単位) の場所の頂点を使用して、地理座標にラインをプロットします。入力 lat および lon は同じサイズでなければなりません。既定では、geoplot は実線を描画します。このとき、マーカーは使用されず、また地理座標軸オブジェクトの ColorOrder プロパティで指定された色が使用されます。

geoplot(lat,lon,LineSpec) は、ラインのスタイル、マーカー記号および色を設定します。

geoplot(lat1,lon1,...,latN,lonN) は、緯度経度位置の複数の組み合わせにより指定されたプロットを結合します。

geoplot(lat1,lon1,LineSpec1,...,latN,lonN,LineSpecN) は、緯度経度位置の複数の組み合わせにより指定されたプロットを、行ごとに別々の LineSpec を使用して結合します。

geoplot(___,Name,Value) は 1 つ以上の Name,Value ペア引数を使用してチャート ラインのプロパティを指定します。

geoplot(gx,___) は、現在の座標軸の代わりに gx で指定される地理座標軸を使用します。

h = geoplot(___) は Chart Line オブジェクトの列ベクトルを返します。各オブジェクトはプロットされる 1 つのラインに対応します。h を使用して、Chart Line オブジェクトのプロパティを変更します。

すべて折りたたむ

マップ上の 2 点間の直線をプロットします。シアトルとアンカレッジの座標を使用して、ラインの端点を指定します。緯度と経度を度単位で指定します。

latSeattle = 47.62;
lonSeattle = -122.33;
latAnchorage = 61.20;
lonAnchorage = -149.9;

マップ上にデータをプロットします。ライン仕様 'g-*' を使用して、ラインの外観をカスタマイズします。geolimits を使用してマップの緯度と経度の範囲を調整します。

geoplot([latSeattle latAnchorage],[lonSeattle lonAnchorage],'g-*')
geolimits([45 62],[-149 -123])

マップ上の 2 点間の直線をプロットします。シアトルとアンカレッジの座標を使用して、ラインの端点を指定します。緯度と経度を度単位で指定します。

latSeattle = 47.62;
lonSeattle = -122.33;
latAnchorage = 61.20;
lonAnchorage = -149.9;

geoplot を使用してデータをプロットします。ライン仕様 'g-*' を使用して、ラインの外観をカスタマイズします。geolimits を使用してマップの緯度と経度の範囲を調整します。

geoplot([latSeattle latAnchorage],[lonSeattle lonAnchorage],'g-*')
geolimits([45 62],[-149 -123])

関数 text を使用してアンカレッジを識別します。

text(latAnchorage,lonAnchorage,'Anchorage');

関数 text を使用してシアトルを識別します。Text オブジェクトのプロパティを指定して、テキスト ラベルの配置を調整します。

text(latSeattle,lonSeattle,'Seattle',...
    'HorizontalAlignment','right',...
    'VerticalAlignment','bottom');

シアトル、アンカレッジおよびポイントバローの緯度座標と経度座標を指定します。

latSeattle = 47.62;
lonSeattle = -122.33;

latAnchorage = 61.20;
lonAnchorage = -149.9;

latPtBarrow = 71.38;
lonPtBarrow = -156.47;

シアトルから他の 2 都市へ、それぞれ直線をプロットします。シアトルからアンカレッジへの黄色の実線を描画し、シアトルからポイントバローへの青色の点線を描画します。geolimits を使用してマップの緯度と経度の範囲を調整します。

geoplot([latSeattle latAnchorage],[lonSeattle lonAnchorage],'y-',...
    [latSeattle latPtBarrow],[lonSeattle lonPtBarrow],'b:')
geolimits([44 73],[-149 -123])

関数 text を使用してマップ上の各都市にラベルを付けます。

text(latAnchorage,lonAnchorage,'Anchorage');
text(latPtBarrow,lonPtBarrow,'Point Barrow');
text(latSeattle,lonSeattle,'Seattle',...
    'VerticalAlignment','bottom');

マップ上の 2 点間の直線をプロットします。シアトルとアンカレッジの座標を使用して、ラインの端点を指定します。緯度と経度を度単位で指定します。

latSeattle = 47.62;
lonSeattle = -122.33;
latAnchorage = 61.20;
lonAnchorage = -149.9;

geoplot を使用してデータをプロットします。geolimits を使用してマップの緯度と経度の範囲を調整します。LineWidth プロパティと Color プロパティを使用して、ラインの外観をカスタマイズします。

geoplot([latSeattle latAnchorage],[lonSeattle lonAnchorage],...
    'LineWidth',2,'Color',[.6 0 0])
geolimits([45 62],[-149 -123])

マップ上の 2 点間の直線をプロットします。シアトルとアンカレッジの座標を使用して、ラインの端点を指定します。緯度と経度を度単位で指定します。

latSeattle = 47.62;
lonSeattle = -122.33;
latAnchorage = 61.20;
lonAnchorage = -149.9;

geoplot を使用してデータをプロットします。geolimits を使用してマップの緯度と経度の範囲を調整します。

geoplot([latSeattle latAnchorage],[lonSeattle lonAnchorage])
geolimits([45 62],[-149 -123])

関数 geobasemap を使用して、プロットで使用するベースマップを変更します。

geobasemap colorterrain

入力引数

すべて折りたたむ

緯度座標 (度単位)。有限の実数値ベクトルとして指定します。ベクトルは埋め込まれた NaN を含むことができます。latlon と同じサイズでなければなりません。

例: [43.0327 38.8921 44.0435]

データ型: single | double

経度座標 (度単位)。有限の実数値ベクトルとして指定します。ベクトルは埋め込まれた NaN を含むことができます。lonlat と同じサイズでなければなりません。

例: [-107.5556 -77.0269 -72.5565]

データ型: single | double

ラインの仕様。ライン スタイル、マーカーおよび色の指定子を含む文字ベクトルまたは string として指定します。要素は任意の順序で指定でき、1 つ以上のオプションを省略できます。ライン スタイルを省略してマーカーを指定した場合、プロットではマーカーのみが表示され、マーカーをつなぐラインは表示されません。詳細については、LineSpec (Line Specification) を参照してください。

例: '--or' は丸いマーカーがある赤い破線

データ型: char | string

ターゲットの地理座標軸。GeographicAxes オブジェクトとして指定します。 [1] プロパティを設定することで GeographicAxes オブジェクトの外観と動作を変更できます。プロパティの一覧については、GeographicAxes のプロパティ を参照してください。

名前と値のペアの引数

オプションの Name,Value の引数ペアをコンマ区切りで指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

例: h = geoplot(lat,lon,'Color','g')

メモ

プロパティの設定はプロットのすべてのラインに適用されます。個別のラインのプロパティを設定するには、geoplot の戻り値 h でラインのハンドルを取得し、ドット表記を使用します。

ここにリストされている名前と値のペアは一部にすぎません。完全な一覧については、Line のプロパティ を参照してください。

ラインの色。MATLAB ColorSpec (Color Specification) として指定します。RGB 3 成分を指定する場合、強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。

例: 'green'

例: 'g'

例: [0 1 0]

ライン スタイル。MATLAB LineSpec (Line Specification) として指定します。

例: '--' (破線)

例: ':' (点線)

ライン幅。ポイント単位の正の値として指定します。1 ポイントは 1/72 インチです。ラインがマーカーをもつ場合、ライン幅はマーカー エッジにも影響します。

ライン幅をピクセルの幅より細くすることはできません。システムでライン幅をピクセルの幅より細い値に設定すると、ラインは 1 ピクセル幅で表示されます。

マーカー記号。次の表のマーカーのいずれかとして指定します。既定では、チャート ラインにマーカーはありません。マーカー記号を指定することで、ライン上の各データ点にマーカーが追加されます。

説明
'o'
'+'プラス記号
'*'アスタリスク
'.'
'x'十字
'_'水平線
'|'垂直線
'square' または 's'正方形
'diamond' または 'd'菱形
'^'上向き三角形
'v'下向き三角形
'>'右向き三角形
'<'左向き三角形
'pentagram' または 'p'星形五角形
'hexagram' または 'h'星形六角形
'none'マーカーなし

マーカー面の色。'none''auto' または MATLAB ColorSpec (Color Specification) として指定します。'auto' 値は、座標軸の名前と値のペア Color と同じ色を使用します。RGB 3 成分を指定する場合、強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。

例: 'green'

例: 'g'

例: [0 1 0]

マーカー サイズ。ポイント単位の正の値として指定します。1 ポイントは 1/72 インチです。

出力引数

すべて折りたたむ

地理プロット。Line オブジェクトの列ベクトルとして返されます。各オブジェクトはプロットされる 1 つのラインに対応します。h を使用して、オブジェクトの作成後にオブジェクトのプロパティを変更します。

ヒント

  • Mapping Toolbox™ 関数 geoglobe (Mapping Toolbox) および geoplot3 (Mapping Toolbox) を使用して 3 次元地理データをプロットします。

  • プロットの特定の特性をカスタマイズするには、地理座標軸のプロパティを使用します。プロパティの一覧については、GeographicAxes のプロパティ を参照してください。

  • 地理座標軸に追加のデータをプロットするには、hold on コマンドを使用します。

  • 直交座標軸を必要とするデータを地理座標軸にプロットすることはできません。

R2018b で導入

[1] Alignment of boundaries and region labels are a presentation of the feature provided by the data vendors and do not imply endorsement by MathWorks®.