Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

離散データ プロット

棒グラフ、散布図、その他

棒グラフ、ステム プロットなどのプロットを使用して、離散データを可視化します。たとえば、バーの長さがそのバーの表す値に比例する横棒グラフまたは縦棒グラフを作成できます。

関数

すべて展開する

bar棒グラフ
barh横棒グラフ
bar33 次元の棒グラフをプロット
bar3h3 次元の横棒グラフをプロット
paretoパレート図
stem離散データ列のプロット
stem33 次元離散データ列のプロット
scatter散布図
scatter33 次元散布図
stairs階段状プロット

プロパティ

すべて展開する

Bar のプロパティ棒グラフの外観と動作
Stem のプロパティステム グラフの外観と動作
Scatter のプロパティ散布図の外観と動作
Stair のプロパティ階段状グラフの外観と動作

トピック

棒グラフの種類

棒グラフは、一定期間における結果やさまざまなデータセットからの結果の比較、個々の要素が全体量に占める割合などを示す場合に役立ちます。

棒グラフのベースラインの変更

この例では、棒グラフのベースラインのプロパティを変更する方法を説明します。

棒グラフの重ね合わせ

この例では、2 つの棒グラフを重ね合わせ、棒の色と幅を指定する方法を説明します。

誤差範囲をもつ棒グラフ

関数 bar と関数 errorbar を共に使用して、誤差範囲のある棒グラフを作成します。

高さによる 3 次元棒グラフの色分け

この例では、棒の高さに合わせて個々の棒を色分けするように 3 次元棒グラフを変更する方法を説明します。

ライン プロットとステム プロットの組み合わせ

この例では、1 つのライン プロットと 2 つのステム プロットを組み合わせる方法を説明します。

階段状プロットとライン プロットの重ね合わせ

この例では、階段状プロットにライン プロットを重ねる方法を説明します。

散布データの内挿

scatteredInterpolant を使用した散布データの内挿。

関連情報