ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

アニメーション

プロットのアニメーション化

関数

movie記録されたムービー フレームを連続的に表示
getframe座標軸または Figure のムービー フレームとしてのキャプチャ
frame2imムービー フレームに関連するイメージ データを返す
im2frameイメージをムービー フレームに変換
animatedlineアニメーション化されたラインの作成
addpointsアニメーション化されたラインへの点の追加
getpointsアニメーション化されたラインを定義する点を返す
clearpointsアニメーション化されたラインの点のクリア
comet2 次元コメット プロット
comet33 次元コメット プロット
drawnowFigure を更新してコールバックを処理する
refreshdataデータ ソースが指定されたときにグラフ内のデータを更新

プロパティ

AnimatedLine のプロパティライン アニメーションの外観と動作

トピック

アニメーション手法

MATLAB® でアニメーションを作成するには、3 つの基本的な手法を使用できます。

ラインに沿ったマーカーのトレース

この例では、マーカーのデータ プロパティを更新することで、ラインに沿ってマーカーをトレースする方法を説明します。

ラインのアニメーション

この例では、伸びていく 2 本のラインのアニメーションを作成する方法を示します。

ラインに沿ったオブジェクト グループの移動

この例では、変換を使用して、ラインに沿ってオブジェクトのグループをまとめて移動する方法を説明します。

グラフィックス オブジェクトのアニメーション化

この例では、三角形のデータ プロパティを更新することで、円に内接しながら回転する三角形をアニメーション化する方法を説明します。

ストリーム粒子のアニメーションの作成

ストリーム粒子のアニメーションは、流れの方向とベクトル場の速度を可視化するのに役立ちます。粒子は、特定の流線に沿って流れをトレースします。

再生用アニメーションの記録

以下の例では、アニメーションを再生可能なムービーとして記録する方法を説明します。

表面のアニメーション化

以下の例では、表面をアニメーション化する方法を示します。