Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

getpoints

アニメーション化されたラインを定義する点を返す

説明

[x,y] = getpoints(an) は、an で指定したアニメーション化されたラインを定義する点の x 座標と y 座標を返します。アニメーション化されたラインの作成には、関数 animatedline を使用します。

[x,y,z] = getpoints(an) は、an で指定した 3 次元のアニメーション化されたラインの座標を返します。ラインに z の値が含まれていない場合、getpointsx および y と同じ長さのゼロのベクトルとして z を返します。

すべて折りたたむ

10 個の点を含むアニメーション化されたラインを作成します。その後、アニメーション化されたラインに格納されている点を返します。

h = animatedline(1:10,1:10);

[x,y] = getpoints(h)
x = 1×10

     1     2     3     4     5     6     7     8     9    10

y = 1×10

     1     2     3     4     5     6     7     8     9    10

入力引数

すべて折りたたむ

AnimatedLine オブジェクト。関数 animatedline を使用して、AnimatedLine オブジェクトを作成します。

出力引数

すべて折りたたむ

アニメーション化されたラインを定義する 1 番目の座標値。ベクトルとして返されます。直交座標軸の場合、1 番目の座標は x 軸上の位置です。地理座標軸の場合、1 番目の座標は度単位の緯度です。

アニメーション化されたラインを定義する 2 番目の座標値。ベクトルとして返されます。直交座標軸の場合、2 番目の座標は y 軸上の位置です。地理座標軸の場合、2 番目の座標は度単位の経度です。

3 次元のアニメーション化されたラインを定義する 3 番目の座標値。ベクトルとして返されます。直交座標軸の場合、3 番目の座標値は z 軸上の位置です。

R2014b で導入