ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

再生用アニメーションの記録

以下の例では、アニメーションを再生可能なムービーとして記録する方法を説明します。

ムービーの記録および再生

ループ内に一連のプロットを作成し、各プロットをフレームとしてキャプチャします。ループごとに軸の範囲を設定することで、その範囲が一定になるようにします。フレームを M に保存します。

for k = 1:16
	plot(fft(eye(k+16)))
	axis([-1 1 -1 1])
	M(k) = getframe;
end

関数 movie を使用して、このムービーを 5 回再生します。

figure
movie(M,5)

ムービーに対する Figure 全体のキャプチャ

Figure の左側にスライダーを挿入します。Figure を関数 getframe への入力引数として指定することで、Figure ウィンドウ全体をキャプチャします。

figure
u = uicontrol('Style','slider','Position',[10 50 20 340],...
    'Min',1,'Max',16,'Value',1);
for k = 1:16
    plot(fft(eye(k+16)))
    axis([-1 1 -1 1])
    u.Value = k;
    M(k) = getframe(gcf);
end

このムービーを 5 回再生します。ムービーは現在の座標軸内に再生されます。ムービーが元のアニメーションと同じになるように Figure ウィンドウに合わせて新しい Figure と座標軸を作成します。

figure
axes('Position',[0 0 1 1])
movie(M,5)

参考

| | | | | |

関連する例

詳細