ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

makehgtform

4 行 4 列の変換行列の作成

構文

M = makehgtform
M = makehgtform('translate',[tx ty tz])
M = makehgtform('scale',s)
M = makehgtform('scale',[sx,sy,sz])
M = makehgtform('xrotate',t)
M = makehgtform('yrotate',t)
M = makehgtform('zrotate',t)
M = makehgtform('axisrotate',[ax,ay,az],t)

説明

グラフィックス オブジェクトの変形、スケーリングや回転の変換を行う変換行列を作成するには、関数 makehgtform を使用します。親変換オブジェクトの Matrix プロパティに変換を割り当てて、グラフィックス オブジェクトに変換を適用します。

M = makehgtform は、恒等変換を行うための行列を返します。

M = makehgtform('translate',[tx ty tz]) または M = makehgtform('translate',tx,ty,tz) は、x 軸に対して txy 軸に対して tyz 軸に対して tz の変換を行うための行列を返します。

M = makehgtform('scale',s) は、xyz 軸に対して一様なスケール変換を行うための行列を返します。

M = makehgtform('scale',[sx,sy,sz]) は、x 軸に対して sxy 軸に対して syz 軸に対して sz のスケール変換を行うための行列を返します。

M = makehgtform('xrotate',t) は、x 軸に対して t ラジアン回転するための行列を返します。

M = makehgtform('yrotate',t) は、y 軸に対して t ラジアン回転するための行列を返します。

M = makehgtform('zrotate',t) は、z 軸に対して t ラジアン回転するための行列を返します。

M = makehgtform('axisrotate',[ax,ay,az],t) は、[ax ay az] 軸に対して t ラジアン回転します。

makehgtform の 1 回の呼び出しで複数の演算を指定できること、および MATLAB® ソフトウェアは、指定されたすべての演算を連結した結果として得られる変換行列を返すことに注意してください。以下に例を示します。

m = makehgtform('xrotate',pi/2,'yrotate',pi/2);

上記は、以下と同じ結果を得ます。

mx = makehgtform('xrotate',pi/2);
my = makehgtform('yrotate',pi/2);
m = mx*my;

R2006a より前に導入