Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

カメラ ビュー

視点の配置

MATLAB® でのモデルの表示を理解するには、視点の概要を参照してください。

関数

viewカメラ視線
rotate指定した原点と方向によってオブジェクトを回転
makehgtform4 行 4 列の変換行列の作成
viewmtx視点変換行列
cameratoolbarカメラ ツール バーをプログラム内から制御
campanカメラ位置を中心としてカメラのターゲットを回転する
camzoom画面表示の拡大/縮小
camdollyカメラ位置とターゲットを移動する
camlookatオブジェクトまたはオブジェクトのグループに向けてカメラを配置
camorbitカメラのターゲットを中心としてカメラ位置を回転
camposカメラ位置の設定またはクエリ
camproj射影タイプの設定またはクエリ
camroll視点軸を中心としてカメラを回転
camtargetカメラ ターゲット位置の設定またはクエリ
camupカメラの上向きベクトルの設定またはクエリ
camvaカメラ視点角度の設定またはクエリ

プロパティ

Axes のプロパティ 座標軸の外観と動作

トピック

ツールのワークフロー

カメラ ツール バーを使用した視点のコントロール

カメラ ツール バーを使用すると、視点操作を対話的に行うことができます。

プログラムのワークフロー

カメラ グラフィックス用語

グラフィックスはズーム レンズ付きのカメラと類似した機能を提供し、シーンの見え方をコントロールすることができます。

投影法について

グラフィックスでは、3 次元グラフィックスの表示に正投影と遠近投影の 2 つのタイプがサポートされています。選択した投影法は、表示するグラフィックスのタイプに依存します。

低水準なカメラ プロパティ

カメラ グラフィックスは、カメラの位置や方向をコントロールするさまざまな座標軸プロパティをベースにしています。

方位角と仰角の視点の設定

グラフィックス関数を使用すると、座標軸の方向をコントロールできます。

カメラの平行移動

関数 camdolly によって、カメラの位置と被写体の位置を同時に移動できます。

シーン内のカメラの移動

この例では、流線によってトレースされたパスに沿ってカメラのシーンを移動する方法と、光源をカメラとともに移動する方法を説明します。

Axes の縦横比を操作する

縦横比を制御するいくつかの座標軸プロパティがあります。必要な効果を実現するためにこれらのプロパティを設定します。